ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県中学校教育研究会 理科部会

広島県中学校教育研究会 理科部会

 リストマーク会長 松浦 泰博(広島市立井口中学校)
 リストマーク事務担当 川口健史(広島市立二葉中学校)
 リストマーク連絡先 082-262-0396

■■つぎの情報を更新しました■■

 ○平成29年度広島県中学校理科教育推進研修の成果物(学習指導案,単元計画,評価問題等)を掲載しました。

 

トピックス(クリックするとその掲載場所へ移動します)

リストマーク会則(PDF 5KB)

リストマーク広島県中学校理科教育研究大会

第61回広島県中学校理科教育研究大会広島大会(平成29年度)

■期日 平成29年11月1日(水曜日) 
■会場 広島市立古田中学校(授業公開・授業研究会)      広島市西区古江西町27-1
■大会主題   「自然と主体的に関わり,科学的に探究する能力や態度を育てる学習活動の創造 ~教師の教えたいことが生徒の知りたいことになる授業を通して~」 
■研究主題    「科学的な資質や能力を育み,豊かな未来を創造する理科教育」

■記念講演    広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻 教授 小林 亮 先生

公開授業の学習指導案

分野単元名学校名 指導案授業の内容
物理音による現象広島市立古田中学校学習指導案 (PDFファイル)(225KB)

■実験の計画・実施場面において科学的な思考力・判断力・表現力を育成する授業の工夫

音の高さとモノコードの弦の太さ,長さ,張り方の関係を調べる実験において,独立変数(何を変えるか),従属変数(それに伴ってどう変わるか)を意識させながら仮説の検証方法を生徒に考えさせます。実験では,デジタルカメラのスローモーション機能使い,弦の振動する速さを確認させるといった実感を伴う実験の工夫がなされていました。

地学気象とその変化広島市立古田中学校学習指導案 (PDFファイル)(200KB)

■問題の意識化場面において科学的な思考力・判断力・表現力を育成する授業の工夫

同じ場所での,霧が発生していない写真と霧が発生している場面の写真を提示し,違いが起こる要因を考えさせます。生徒は気温,季節,天気,時刻が違うのではないかという意見が出ますが,全て同じ条件であったことを知らせ,問題を見いださせます。事象の違いの比較により,課題を焦点化させるとともに生徒の既習知識とのズレをうまく使った導入の工夫がなされていました。

第60回広島県中学校理科教育研究大会福山大会(平成28年度)

■期日 平成28年11月4日(金曜日) 
■会場 福山市立東中学校(授業公開・授業研究会)      福山市三吉町南2-10-2
             福山市立城北中学校(授業公開・授業研究会 分科会,開会行事等)  福山市木之庄町4-1-1
■大会主題   「育みたい科学的な資質・能力を明確にした単元計画と,探究学習を柱とした思考力・表現力を高める授業の工夫」 
■研究主題     「科学的な資質や能力を育み,豊かな未来を創造する理科教育」

■記念講演    中部大学大学院  教育学研究科 准教授 小笠原 豊 先生

公開授業の学習指導案

分野単元名学校名 指導案授業の内容
物理仕事とエネルギー福山市立東中学校学習指導案 (PDFファイル)(413KB)

■探究学習を柱とした思考力・表現力を高める授業の工夫

スタートとゴールの高さがそれぞれ等しく,途中の高さが違う2つのコースに球を転がし,ゴール地点の到着時間がどうなるか生徒に予想させるところから授業が始まりました。同時に到着すると予想した生徒が多くおり,その予想が裏切られたため,課題意識をもち,原因を追究しようと意欲的に取り組む生徒の姿が見られました。

地学月と金星の動きと見え方福山市立城北中学校学習指導案 (PDFファイル)(1.94MB)

■探究学習を柱とした思考力・表現力を高める授業の工夫

天体を地球から見る視点(地球目線モデル)と宇宙から見る視点(宇宙目線モデル)を切り替えながら天体の位置や見え方を考えさせることにより,生徒の空間認識力を高める授業の提案がなされました。「日本で見える月はオーストラリアではどう見えるのか」という難易度が高い課題でしたが,2つのモデルを使って,考え,説明する生徒の姿が見られました。

第59回広島県中学校理科教育研究大会(安芸大会)(平成27年度)

■日時 平成27年11月6日(金曜日) 
■会場 熊野町立熊野中学校(授業公開・授業研究会)      安芸郡熊野町中溝六丁目1番1号
             熊野町立熊野東中学校(授業公開・授業研究会)  安芸郡熊野町萩原一丁目23番1号
             熊野町民会館(分科会,開会行事 等)  安芸郡熊野町中溝一丁目11番2号
■大会主題   「生徒の主体的な学びを通して,科学的思考力・表現力を育成する理科教育」 
■研究主題     「科学的な資質や能力を育み,豊かな未来を創造する理科教育」

■記念講演    日本体育大学 児童スポーツ教育学部 教授 角屋 重樹 先生

公開授業の学習指導案

分野単元名学校名 指導案授業の内容
地学

大地の成り立ちと変化

熊野町立熊野中学校学習指導案 (PDFファイル)(782KB)

■生徒の主体的な学びを引き出す学習活動の提案

地層模型を使い,段階的に地層を推測,確認することを通して,地層の広がりを捉えさせる授業でした。地層模型は,歯科用アルギン酸印象材を使用し,使いやすく素晴らしく工夫された教材でした。生徒も意欲的に学習に取り組んでいました。

化学身の回りの物質

熊野町立熊野東中学校

学習指導案 (PDFファイル)(823KB)

■生徒の主体的な学びを引き出す学習活動の提案

導入を工夫し,生徒に課題解決の必然性を持たせ,グラフをもとに生徒に実験方法を説明させる授業でした。派遣員方式など,様々な手立てを用い,的確な指導がなされていました。生徒がお互いに素晴らしい説明を行う姿が見られました。

指導主事のコーナー

玉木 昌知 (義務教育指導課)

◆ 広島県中学校理科教育推進研修 ◆

広島県中学校理科教育推進研修について

広島県中学校理科教育推進研修とは,「地域の中核となる公立中学校及び県立特別支援学校中学部の理科教員を対象に,理科教育の課題に対応した授業改善を図るための実践的な研修を実施することにより,本県中学校における理科教育の一層の充実を図る」ことを目的に平成28年度から実施された研修であり,4人の理科教員がグループをつくり,学習指導案,単元計画,評価問題等を作成し,その学習指導案を基に授業公開を行いました。

平成29年度広島県中学校理科教育推進研修実施要項 (PDFファイル)(151KB)

平成29年度広島県中学校理科教育推進研修実施計画 (PDFファイル)(93KB)

研修成果物の公開について

本研修で作成した学習指導案,単元計画,評価問題等を公開します。
成果物は基本的にWord・Excelファイルで公開しますので,生徒実態等に合わせて加工して使用できます。ただし,使用できるのは学校内で教育指導に用いる場合のみに限定します。

各グループの成果物

Aグループ
Bグループ
Cグループ
Dグループ
Eグループ
Fグループ
Gグループ
Hグループ
Iグループ
Jグループ
Kグループ

◆ 「科学の甲子園ジュニア」広島県代表選抜会 ◆

平成29年度「科学の甲子園ジュニア」広島県代表選抜会

  全国の中学生が都道府県を代表して科学の知識・技能を競う「第5回科学の甲子園ジュニア全国大会」(JST【国立研究開発法人科学技術振興機構】主催)が,平成29年12月1日(金曜日)から12月3日(日曜日)までの3日間,つくば国際会議場(茨城県つくば市竹園2丁目20番3号)及びつくばカピオ(茨城県つくば市竹園1丁目10番地1)において開催されます。

 この大会には,各都道府県において選考された代表チームが出場し,理科・数学などの複数分野にわたる筆記・実技競技に協働して取り組み,チームごとに総合点を競います。これに先立ち,広島県において,代表チームの選考のための代表選抜会を次のとおり実施しました。

実施日

平成29年9月2日(土曜日)9時30分~16時30分

場所

広島県立教育センター 〒739-0144 東広島市八本松南一丁目2-1

競技内容

筆記競技 及び 実技競技

選考方法

1チームを6人(中学校第1学年・第2学年)で編成し,筆記競技と実技競技をチーム内で協働して挑みます。 

すべてのチームが筆記競技及び実技競技を行い,筆記競技と実技競技のチーム得点の合計が最も高い1チームが広島県代表のチームとして「科学の甲子園ジュニア全国大会」に出場します。

参加校14校 22チーム

広島市立船越中学校,福山市立城北中学校,福山市立城東中学校,福山市立福山中学校,呉市立呉中央中学校,廿日市市立廿日市中学校,江田島市立江田島中学校,府中市立第一中学校,府中市立府中学園,広島県立広島中学校,広島大学附属中学校,広島なぎさ中学校,広島学院中学校,AICJ中学校

結果

優 勝 広島学院中学校Aチーム(広島県代表)

準優勝 広島大学附属中学校Aチーム

第3位 広島大学附属中学校Bチーム

 全体写真 

平成28年度「科学の甲子園ジュニア」広島県代表選抜会

 実施日

平成28年9月3日(土曜日)9時45分~16時30分

場所

広島県立教育センター 〒739-0144 東広島市八本松南一丁目2-1

競技内容

筆記競技 及び 実技競技

選考方法

1チームを6人(中学校第1学年・第2学年)で編成し,筆記競技と実技競技をチーム内で協働して挑みます。 

すべてのチームが筆記競技及び実技競技を行い,筆記競技と実技競技のチーム得点の合計が最も高い1チームが広島県代表のチームとして「科学の甲子園ジュニア全国大会」に出場します。

参加校16校 24チーム

広島市立古田中学校,広島市立口田中学校,福山市立城東中学校,福山市立城北中学校,福山市立福山中学校,廿日市市立四季が丘中学校,廿日市市立大野東中学校,江田島市立大柿中学校,熊野町立熊野中学校,府中市立府中中学校,広島県立広島中学校,広島大学附属中学校,AICJ中学校,広島学院中学校,広島なぎさ中学校,如水館中学校

結果

優 勝 広島学院中学校Aチーム(広島県代表)

準優勝 広島大学附属中学校Bチーム

第3位 広島大学附属中学校Aチーム

 h28syasin 

平成27年度「科学の甲子園ジュニア」広島県代表選抜会

実施日

1日目 平成27年9月5日(土曜日)10時30分~12時20分

2日目 平成27年9月6日(日曜日)9時30分~15時30分

場所

1日目 安芸区民文化センター 〒736-8509 広島市安芸区船越南3丁目2-16

2日目 広島県立教育センター 〒739-0144 東広島市八本松南一丁目2-1

競技内容

1日目 筆記競技

2日目 実技競技

選考方法

1チームを6人(中学校第1学年・第2学年)で編成し,筆記競技と実技競技をチーム内で協働して挑みます。 

すべてのチームが筆記競技を行い,チーム得点の高い上位10チームが2日目の実技競技に臨みます。最終的に,筆記競技と実技競技のチーム得点の合計が最も高い1チームが広島県代表のチームとして「科学の甲子園ジュニア全国大会」に出場します。

参加校11校 16チーム

福山市立城東中学校,江田島市立大柿中学校,府中市立府中中学校,世羅町立世羅西中学校,世羅町立甲山中学校,広島県立広島中学校,広島大学附属中学校,AICJ中学校,広島女学院中学校,広島学院中学校,如水館中学校

結果

優 勝 広島学院中学校Aチーム(広島県代表)

準優勝 府中市立府中中学校チーム

第3位 広島学院中学校Bチーム

実技競技進出チーム 広島県立広島中学校Aチーム・Bチーム,広島大学付属中学校Aチーム・Bチーム,AICJ中学校Aチーム・Bチーム,広島女学院中学校Aチーム

実技競技出場者写真1

 実技競技出場者写真2

 平成26年度「科学の甲子園ジュニア」広島県代表選抜会

実施日

1日目 平成26年9月6日(土曜日)9時30分~12時00分

2日目 平成26年9月7日(日曜日)9時30分~16時00分

場所

広島県立教育センター 〒739-0144 東広島市八本松南一丁目2-1

参加校17校 24チーム

福山市立福山中学校,呉市立広南中学校,呉市立呉中央中学校,呉市立警固屋中学校,大竹市立小方中学校,廿日市市立四季が丘中学校,江田島市立大柿中学校,坂町立坂中学校,尾道市立長江中学校,府中町立府中中学校,世羅町立世羅西中学校,広島県立広島中学校,広島大学附属中学校,AICJ中学校,広島女学院中学校,広島学院中学校,修道中学校

結果

優 勝 広島大学附属中学校Aチーム(広島県代表)

準優勝 広島学院中学校チーム

第3位 広島県立広島中学校2年生チーム

実技競技進出チーム福山中自然科学部チーム,AICJ中学校Bチーム

表彰式の写真 

平成25年度「科学の甲子園ジュニア」広島県代表選抜会

実施日

1日目 平成25年9月21日(土曜日)9時30分~11時30分

2日目 平成25年9月22日(日曜日)9時30分~15時30分

場所

広島県立教育センター 〒739-0144 東広島市八本松南一丁目2-1

チーム数 ※1中学校から複数チーム参加可

36チーム(19中学校) 

参加校

福山市立福山中学校,呉市立宮原中学校,呉市立昭和北中学校,竹原市立竹原中学校,大竹市立小方中学校,東広島市立八本松中学校,江田島市立三高中学校,府中町立府中緑ケ丘中学校,安芸太田町立加計中学校,安芸太田町立戸河内中学校,三原市立第五中学校,尾道市立長江中学校,世羅町立世羅中学校,世羅町立甲山中学校,世羅町立世羅西中学校,広島県立広島中学校,広島大学附属中学校,AICJ中学校,広島学院中学校

結果

優勝 広島大学附属中学校チーム(広島県代表) 

準優勝 SAKAPONS(広島学院中学校)チーム

第3位 広島県立広島中学校2年Aチーム

記念撮影(全体)

2日目参加者全員

広島大学附属中学校(優勝チーム)

優勝チーム:広島大学附属中学校チーム

◆ 関係情報や参考になる取組 ◆

 1 関係機関における参考資料について

文部科学省外部リンク

言語活動の充実に関する指導事例集【中学校版】外部リンク

それぞれの教科などにおいて言語活動を充実する際の基本的な考え方や,言語の役割を踏まえた指導について解説されているととともに,優れた指導事例(10)が収録されています。

国際学力調査外部リンク

OECD生徒の学習到達度調査(PISA2012)及び国際数学・理科教育動向調査(TIMSS2011)について

国立教育政策研究所外部リンク

評価規準の作成のための参考資料(理科)外部リンク

各学校において,評価規準を設定する際の参考として,学習指導要領の各教科の目標,学年(分野)別の目標及び内容,評価の観点及びその趣旨を踏まえて,評価規準に盛り込むべき事項及び評価規準の設定例が示されています。

特定の課題に関する調査(理科)外部リンク

理科教育における観察,実験に焦点を当てて調査結果が示されています。授業改善の参考になります。

平成29年度全国学力・学習状況調査の調査問題・正答例・解説資料外部リンク

平成29年4月18日に実施した「平成29年度全国学力・学習状況調査」の調査問題,正答例,解説資料について公開されています。

平成29年度 全国学力・学習状況調査 報告書・調査結果資料外部リンク

平成29年度 全国学力・学習状況調査の「報告書」「調査結果」が掲載されています。

全国学力・学習状況調査の調査結果を踏まえた授業アイディア例外部リンク

調査結果において課題として考えられる内容が生徒へ確実に定着していくよう,学習指導の改善・充実を図る際の参考となる資料として,「授業アイディア例」を作成しています。

科学技術振興機構(Jst)次世代人材育成事業外部リンク

☆学校への支援活動を活用しましょう

2 広島県における参考資料及び理科関係の事業について

平成29年度 広島県教育資料

平成28年度 広島県学力調査報告書

言語活動の充実のための指導資料

生徒の思考力・判断力・表現力などを確誠にはぐくむためには,各教科の指導の中で,基礎的・基本的な知識・技能を習得させるとともに観察・実験やレポートの作成,論述といったそれぞれの教科の知識・技能を活用する学習活動を充実させる必要があります。
 そして,これらの学習活動の基盤となるのは,言語に関する能力であり,各学校においては,国語科のみならず,すべての教科などで言語活動を充実することが求められています。

 □言語活動の充実のための指導資料(中学校理科)(PDF 538.2KB)

広島県立教育センター外部リンク

研究紀要,広島県科学賞の情報,理科学習指導案の例,理科の研究報告は理科教育の参考になります。

■ 研究紀要に記載されている理科に関係した研究

第42号 課題の解決に必要な知識・技能を活用する力を育てる授業の在り方―思考プロセスを踏まえた授業モデルの作成を通して―外部リンク

第41号 課題の解決に必要な知識・技能を活用する力を育てる授業の在り方―思考プロセスを踏まえた授業モデルの作成を通して―外部リンク

 3 授業の充実のために

〇理科学習指導案の紹介

1 平成26年度広島県中学校理科教員授業力アップ研修学習指導案

 ・廿日市市立七尾中学校(西部・芸北ブロック1) 「電流の性質」 (PDFファイル)(642KB) 

 ・熊野町熊野中学校(西部・芸北ブロック2)「身の回りの現象(光の世界)」 (PDFファイル)(665KB)

 ・府中市立第一中学校(東部・北部ブロック)「いろいろな物質とその性質」 (PDFファイル)(944KB)

2 平成26年度広島県指導主事等協議会学習指導案

 ・海田町立海田中学校 「電流と電圧の関係」 (PDFファイル)(333KB)

4 実験を安全に行うために

観察や実験,野外観察などの活動は,理科学習では欠かすことのできない,主要な活動です。これらの活動を安全で適切に行うためには,指導計画などの検討や予備実験の実施,危険要素の検討,環境整備などについて,十分な準備や配慮が必要です。
 しかし,事故を心配する余り,板書や口頭による説明にしてしまうのでは,望ましい授業にはなりませんので,周到な準備のもとに,積極的に観察や実験,野外観察などを実施してください。
 なお,薬品の管理や廃棄についても,学校薬剤師などの指導も仰ぎながら,関係法令にのっとって保管や処理を行ってください。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする