ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県高等学校教育研究会 理科部会

広島県高等学校教育研究会 理科部会の画像 

会長 山垣内 俊行(広島県立大門高等学校)

事務担当 立石 千幸(広島県立大門高等学校)

連絡先 084-947-7363(広島県立大門高等学校)

組織

会則

研究の目標等

(今年度の研究による達成目標・評価指標・達成基準)
1 会員が授業改善に積極的に取り組む
 ・「学びの変革」アクションプランに基づき,主体的・協働的な深い学びにつながる授業展開を行う会員
 の割合の増加
 ・科学的リテラシーに基づく言語活動の充実を意識した授業展開を行う会員割合の増加
 ・生徒に課題解決の意識や問題解決の意識を持たせて観察・実験を実践する会員割合の増加
2 生徒の科学研究を積極的に推進する
  <科学研究の発表の場として> 自然科学連盟(生徒理科研究発表会),教育センター(広島県科学賞),
  その他(広島大学主催のGSC事業,中学生・高校生の科学シンポジウムなど)

研究の内容及び方法

1 教材開発・授業研究に関する研修会の開催
2 物理・化学実験講習会の参加人数の増加
3 教材・教具の開発・改善
4 自然観察会や巡検の充実
5 高大連携による理科教育の推進
6 次期学習指導要領の趣旨を意識した授業研究の全地区での実施
7 授業改善等による理科系部活動の活性化

具体的な研究活動

1 役員・事務局長合同会議
期日:令和2年7月31日(金) 書面審議
 
2 令和2年度 総会
期日:令和2年8月6(木) 書面審議

3 教材生物・教具研究会研修,第23回 教材生物バザールへの教材提供 中止
 
4 県物化部フォーラム及び実験講習会
  ・高校,大学化学教育フォーラム広島
  (1)期日:令和2年8月29日(土)
  (2)内容:化学教育における遠隔授業の取組事例と入試改革への対策
  ・化学実験講習会
  (1)期日:令和2年9月5日(土)
  (2)内容:実験指導技術向上のための講習会
  ・青少年のための科学の祭典 中止

5 県生物部野外研修会 中止

6 理数カリキュラム開発研究会・研修会
 (1)期日:令和2年12月予定
 (2)内容:高等学校課題発見・解決学習推進プロジェクト

7 県生物部研修会
  ・冬季研修会
 期日:令和3年2月下旬
 ・教材生物・教具研究会研修会
 期日:令和3年3月中旬

8 県地学部研修会
期日:未定
9  公開研究授業
 (1)広島・三次地区 予定
 (2)呉・東広島・三原地区 予定
 (3)尾道・福山地区 予定

研究成果

 

その他

1 全国大会参加
 (1)物化部 令和2年度全国理科教育大会 第91回日本理化学協会総会 熊本大会 令和3年8月に延期 
 代わりに「誌上研究発表大会」として実施
 (2)生物部 令和2年度(2020)日本生物教育会(JABE)第75回全国大会 長野大会 令和3年度へ延期
 (3)地学部 2020年全国地学教育研究大会 日本地学教育学会 第74回全国大会 オンラインで実施
             
2 後援
 (1) 広島県高等学校文化連盟自然科学専門部(広島県高等学校自然科学連盟)主催
 生徒理科研究発表会 ポスター発表会
 (2) 広島県高等学校文化連盟自然科学専門部(広島県高等学校自然科学連盟)主催
 生徒理科研究発表会 オーラル発表会    
 (3)青少年のための科学の祭典 中止
 (4)第64回広島県科学賞
 期日:令和2年9月28日(月)~10月19日(月) 広島県立教育センター

参考:前年度の研究成果

研究授業
 (1)広島地区(10月25日(金))五日市高等学校 授業者:教諭 山木戸 啓 (化学) 12名参加
 (2)尾三地区(9月4日(水))尾道北高等学校 授業者:教諭 坂本 一磨 (化学) 13名参加
 (3)福山・尾三地区合同(2月10日(月))尾道北高等学校 授業者:教諭 是山 覚然 (物理) 24名参加
 (4)三次地区(1月14日(火))三次中・高等学校 授業者:教諭 堀田 桜 (生物) 4名参加

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする