ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

菅茶山について学ぼう!

菅 茶山(かん ちゃざん)とは

 菅茶山(1748~1827)は,教育者として備後国神辺(現在の広島県福山市神辺町)に私塾「黄葉夕陽村舎」(のちに藩の郷塾「廉塾」)を開設して人材の育成に尽力するとともに,江戸時代後期を代表する漢詩人として活躍した人物です。
彼の漢詩集『黄葉夕陽村舎詩』は同時代の人々に高く評価され,多くの学者や文人たちと交わりを結びました。

茶山の紹介1

廉塾という塾で教えていたよ

現在も残る廉塾の建物

廉塾では儒教などを教えていた

『黄葉夕陽村舎詩』がベストセラーになった


茶山マンガ

江戸時代の儒学者・漢詩人の菅茶山にまつわるエピソードや,茶山が詠んだ漢詩をマンガにしました。
茶山マンガは,近世文化展示室の「菅茶山の世界」で各特集展示に合わせて公開しています。

ゆかりの地マップ吹き出し

菅茶山ゆかり地マップ

 ※画像をクリックすると地図が大きくなります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする