ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

茶山マンガ「対潮楼」

茶山マンガ「対潮楼」

「対潮楼」(『黄葉夕陽村舎詩』巻4)

〔原文〕                  〔訓読〕
評品江山人不同      江山を評品すること 人びと同じからず
傍観遠客眼応公      傍観の遠客 眼 応(まさ)に公なるべし
望看朱棟懸天半      望み看る 朱棟 天半に懸(か)かるを
来見蒼岩挿水中      来たり見る 蒼岩 水中を挿すを
島嶼断連松石影      島嶼(とうしょ) 断連す 松石の影
雲涛豁達帆檣風      雲涛(うんとう) 豁達(かったつ)す 帆檣(はんしょう)の風
休言邦俗誇郷土      言う休(な)かれ 邦俗 郷土を誇ると
果爾霊区甲大東      果たして爾(しか)り 霊区 大東に甲たり

〔意訳〕
どの山河を一番とするかは,人それぞれ違う。
客観的に見る遠方の客の眼は,公平にちがいない。
遠くを見やれば,朱色の棟が天中に懸(か)かり,
近くを見やれば,蒼い岩が海中に刺さっている。
途切れ連なる島々に,松や石が影を落とし,
雲は波のように広がり,帆柱は風を受けて広がる。
言ってくれるな,日本人が故郷自慢をしていると。
やっぱりそうだ,神々しいこの景色は日本一。

この記事をシェアする