ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

頼山陽史跡資料館


トップページのスライドショー


再開のお知らせとお願い

頼山陽史跡資料館は,5月12日(火)から再開します。
再開に当たり,新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡散防止のため,次のように対応を行います。
御来館予定の皆様には,御理解と御協力を賜りますようお願いします。

■御来館いただくまでに
〇発熱や咳等の風邪症状があるお客様は,来館を御遠慮ください。
〇マスクの持参に御協力ください。


■御来館いただいてから
〇入館券購入を待つ間や展示を御覧いただいている間は,「三つの密」を避けるため,先にお待ちの方や展示を御覧いただいている方との間隔を,できるだけ2メートル程度あけてください。
〇入館に当たっては,マスクを着用してください。また,用意しております手指消毒用アルコールを御利用ください。
〇入館中は「こまめな手洗い」に御協力ください。各洗面所の液状せっけんを御利用ください。
〇「三つの密」を避けるため,入館や展示室への入室をしばらくお待ちいただく場合がありますので御協力ください。
〇鑑賞中などに体調をくずされた場合は、無理せずお近くのスタッフまでお声がけください。
〇その他,来館されている間はスタッフの指示に従ってください。


1 お知らせ
(1)特集展「頼杏坪」を開催中です
5月12日(火)から7月5日(日)まで,特集展「頼杏坪」を開催します。
本展覧会では,広島や竹原の頼家に伝わる資料を中心に,広島藩の学問所で教授を務める傍ら,
郡代官や三次町奉行として広島藩の地方行政にも尽力した,頼杏坪(らいきょうへい:1756~1834)の生涯について
御紹介します。


(2)次の展覧会の御案内
7月11日(土)から19日(日)まで,「全国公募 南画精華展-令和元年度入賞・入選作品-」を開催します。
本展覧会では,令和元年度南画精華展の入賞・入選作品や,審査員出品作品などを御紹介します。

(3)茶室使用料金の改正について
令和元年10月1日から茶室使用料金が1時間2,030円へ改正されました。

(4) 「学校の学習支援プログラム」を始めました!
歴史民俗資料館,歴史博物館でも行っている学校の学習支援プログラムを頼山陽史跡資料館もスタートしました。
プログラムの利用により,本物の資料に触れたり,実際に体験したりして,歴史・文化を身近に感じることができます。
来館して学習するプログラムのほか,学芸員等が学校に出向いて行う「出前授業」も用意しています。
お気軽にお問合せください。 
☞学習プログラムの詳細は,
こちらを御覧ください。

(5) 江戸時代の女性衣装「色打掛」「小袖」の着用体験

~風情ある文人庭を背景に,華やかな江戸時代の女性の気分を味わってみませんか~
◇ 場 所 :頼山陽史跡資料館ロビー
◇ 料 金 :体験の料金は無料ですが,通常の入館料が必要です。
◇ その他 :写真撮影は自由です。SNSなどで活用してください。
詳しくはこちら☞
「色打掛」 「小袖」
 
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため,現在は実施しておりません。


文人庭で3名の女子生徒が着用して披露してくださいました。小袖贈呈式

(6) 平成30年度 図録「頼山陽と九州」の記述の誤りについて(お願い)
平成30年10月から12月にかけて開催しました「頼山陽と九州」展の図録内容に,記述の誤りがありました。
関係のみなさまには心からお詫びいたしますとともに,以下の内容で訂正いたします。
どうぞ御了解いただきますようお願いします。
次のPDFファイルを印刷し御利用いただきますようお願いします。

 図録「頼山陽と九州」図録の訂正一覧 (PDFファイル)(64KB) 


2 資料館の催しを動画で紹介中!
(1) 特別展「現代刀の味わい」(約7分)

H28現代刀の味わい展

(2) 特別展「現代水墨画の旗手たち」(約7分)
H28現代水墨画の旗手たち

(3) 関連動画の紹介 ~【日本文化紹介の動画】
 日本大使館広報文化センターが刀剣製作の工程を英語版のfacebookで公開しているものです刀鍛冶,研師,鞘師(さやし),彫金師,柄巻師などの仕事の様子を紹介しています。
◇在米国日本大使館広報文化センターのフェイスブックのURLは次の通り。

https://www.facebook.com/JICC.JapanEmbDC/videos/1784032218293554

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする