ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
 

茶室利用案内

<頼山陽史跡資料館茶室使用の申込みについて>

 この茶室は,伝統文化を愛好し,その普及や発展に賛同する人々の茶会を始めとするさまざまな文化的催しに利用していただくためのものです。

1 利用日と時間について

(1) 休館日の利用はできません。ただし,頼山陽史跡資料館の行事がある日によっては利用ができないことがあります。また当資料館の行事予定で既に利用が決定している日は利用できません。詳細については申込みの際に相談してください。
(2) 利用時間は,午前9時半から午後5時までです。
(3) 申込みに当たっては,片付けなどの時間を含めて計画し,契約の時間を守ってください。

2 使用上の留意事項について

(1) 茶室は大切に使ってください。
(2) 営利目的・営業目的の使用はできません。
(3) 防災上の注意を十分に払ってください。特に火気の使用については細心の注意をお願いします。
(4) ほかの入館者の妨げや迷惑になる行ため・行動のないように注意してください。
(5) 使用中に汚損・焼け焦げなど,使用者の責任で茶室に損害が生じた場合は,速やかに事務室へ報告してください。修理や復元に要する費用を,使用者に実費弁償していただくことがあります。
(6) 片付けが終わりましたら,事務室職員が確認しますので呼んでください。
(7) 当日の利用者数(お客様・スタッフ)を知らせてください。

3 使用料について

(1) 茶室の使用料は,入館料を含めて1時間までごとに2,000円です。
(2) 使用料の支払いは,当日の事前または事後にお願いします。

4 使用申込みについて

(1) 使用申込みは,「茶室使用申込書」に必要事項を記入し,申し込んでください。(要押印)
(2) 使用申込みは,休館日以外随時受け付けていますが,日時が重なる場合は,先着順となります。なるべく早めに申し込んでください。

5 お茶会利用者の展示観覧について

 お茶会の主催者及び参加者のいずれにおいても,当資料館の展示を御覧になるときは通常の入館料が必要です。資料館の受付にお申し付けください。

6 茶室風景

 定期的に各種の団体や学校関係者のみなさまに御利用いただいています。
 小学校のお茶クラブです 敬老茶会の様子です
 大きな茶会の準備の様子です 時間を区切って回ごとに行います。

この記事をシェアする