ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ふくやま草戸千軒ミュージアム トップページ

 今年度,開館30周年を迎えました
  
30周年記念ロゴ

 博物館イメージ

 ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)では,瀬戸内の歴史をテーマにした通史展示や,中世の港町「草戸千軒町遺跡」の発掘調査成果の展示,江戸時代を代表する漢詩人「菅茶山」を中心とした近世文化と歴史の展示をしています。
 また,年に4回程度,期間限定の企画展なども開催しています。
 当館の年間スケジュールはミュージアムカレンダー (PDFファイル)(1.5MB)を御覧ください。

新着情報

早春の展示 松山市考古館連携展示・開館30周年記念
 「黄泉への祈り-横穴式石室とは何か-」
会期:1月17日(金曜日)~3月15日(日曜日)

R01-4 ポスター
 詳しくは「黄泉への祈り-横穴式石室とは何か-」のページを御覧ください。

トピック 音が鳴る須恵器が確認されました

 これは,須恵器の𤭯(はそう)と呼ぶ古墳時代の壺で,酒などを注ぐために使われたと思われます。
 この𤭯の脚台に,土の玉を二つ内蔵していることが,新たに確認されました!動かせば「カラカラ」と音が鳴ります。このように,土の玉を内蔵する土器は「鈴付土器」と呼ばれ,広島県では唯一の出土例です。また,小壺や小像といった装飾と鈴を併せ持つ𤭯は全国的にも数は限られており,とても貴重な資料です。
01-4 画像(こみどう)
 こみどう古墳(世羅町)出土 装飾付鈴付𤭯
 (世羅町大田庄歴史館蔵)

 この資料は,1月17日(金曜日)から当館で開催する早春の展示「黄泉への祈り-横穴式石室とは何か-」で公開します。
 皆様,是非会場で御覧ください!

ミニ展示 テーマ「幕末福山の文化人」
会期:11月22日(金曜日)~1月26日(日曜日)

    ミニ展示とは,常設展示室内で2か月ごとに入れ替えを行う展示です。
    詳しくは「ミニ展示」のページを御覧ください。
01-5 ミニ展示画像(孔子像) 
 吉田洞谷画「孔子像」(部分,当館蔵)

おしらせ

「VR遣明船」運休のおしらせ

 「VR遣明船」への乗船は,機器の故障のため,しばらく運休します。 御迷惑をおかけしますが,皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

臨時休館のおしらせ

 令和2年2月4日(火曜日)~2月7日(金曜日)は,施設維持管理のため臨時休館いたします。御不便をおかけいたしますが,皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

「博物館友の会」の会費がお安くなりました!

 広島県立歴史博物館友の会は,本年度,活動内容等を見直し,会費もリーズナブルになりました。
 詳しくは「博物館友の会のページを御覧ください。

学校団体の見学は無料!

 学校教育活動として見学される園児・児童・生徒及び引率者は,常設展・企画展のどちらも無料で御観覧いただけるようになりました。この機会に是非お越しください。
 詳しくは「学校団体の利用」のページを御覧ください。

1・2月の休館日 

 1月6日(月曜日),1月14日(火曜日),1月20日(月曜日),1月27日(月曜日)
 2月3日(月曜日),2月4日(火曜日),2月5日(水曜日),2月6日(木曜日),2月7日(金曜日),2月10日(月曜日),2月17日(月曜日),2月25日(火曜日)

 


 〒720-0067 広島県福山市西町2-4-1
 電話 084-931-2513
 メール:rhksoumu@pref.hiroshima.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする