ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
 

現在の展示案内

令和元年度 企画展

1 展示の御案内
◇令和元年度企画展「浅野氏広島城入城400年記念 広島藩の学問と文化」
●期間<9月12日(木)~10月20日(日)>
●内容
 2019年は,元和5年に浅野長晟(あさのながあきら)が広島城に入城してから400年にあたります。
 浅野氏治世下の広島では,歴代藩主による文教政策によって儒学を始めとする様々な分野の学者たちが活躍し,
なかでも,7代藩主浅野重晟(あさのしげあきら)によって登用された頼春水(らいしゅんすい:頼山陽の父)は,
藩の学問所設立と教育に大きな役割を果たしました。
 本展では,学問所教授として藩の文教政策に大きな足跡を残した頼春水を中心に,江戸時代の広島の学問と文化の概要を紹介します。

展示の見どころ
 本展には,広島頼家伝来の学問所に関する第一級史料を始め,かつて学問所の聖廟に安置されていた
浅野重晟直筆「至聖先師孔子神位」(学校法人修道学園蔵,10月6日〔日〕まで展示)や,
浅野文庫(広島市立中央図書館蔵),広島藩儒・加藤家の資料(個人蔵,海田町寄託)など,
広島藩の学問と文化に関する作品が一堂に会します。
展示風景1
展示風景2 展示風景3
展示解説会 
 9月21日(土),10月5日(土)※いずれも午後1時30分~
城下町ウォーク
 内容:
企画展を観覧後,広島頼家や藩の学問所跡地など,展示に関する地域を廻ります。
 日時:10月12日(土)午前10時~正午(受付は9時30分~)
 集合場所:
頼山陽史跡資料館ロビー
 参加費:無料(※事前申し込みが必要です。電話・FAXにてお申込みください。)
 募集人員:20名
関連資料展示
 広島県立図書館資料展示「浅野氏広島城入城400年,水野氏福山入封400年」
 期間:
9月3日(火)~12月1日(日)
 場所:広島県立図書館

この記事をシェアする