ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
 

講座・講演会の御案内

平成30年度 「頼山陽史跡資料館連続講座」の御案内

<近世絵画への招待>
1 趣旨
 百花繚乱と呼ぶにふさわしい近世絵画。頼山陽を始めとする頼家の人々との関わりが深かった画人とその作品・技法について学びながら,あなたも近世絵画の世界をのぞいてみませんか?
 ※印刷用データはこちらからどうぞ:平成30年度連続講座の開催案内 (PDFファイル)(278KB)
2 主催
 頼山陽史跡資料館(広島県立歴史博物館分館)
3 講座の日程・内容・講師など

区分 月日 講義内容 講師
第1回 6月16日(土) 近世絵画の潮流-南蘋派(なんぴんは)をめぐって- 隅川 明宏(広島県立美術館学芸員)
第2回 7月14日(土) 広島藩の絵師-岡岷山(おかみんざん)とその周辺- 隅川 明宏(広島県立美術館学芸員)
第3回 9月22日(土) 頼山陽と絵画 花本 哲志(当館主任学芸員)
第4回 11月10日(土) 円山四条派の画法 岡原 大崋(南宗画士)
第5回 1月19日(土) 画題あれこれ 前野 やよい(広島城主任学芸員)

4 会場
 広島市中区袋町6-36
 合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ)
 南棟3階会議室A・B
5 定員
 36名(申し込み不要)
6 受講料
 無料

 

平成29年度の実施概要
平成28年度の実施概要
平成27年度の実施概要

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする