このページの本文へ
ページの先頭です。

がん患者さんとご家族のためのサポートブックひろしま

印刷用ページを表示する掲載日2021年4月1日

 県では,Web環境が身近にないがん患者さんやご家族などに対して,療養生活に役立つ情報を届けるために,「がん患者さんとご家族のためのサポートブックひろしま」を作成しています。

 昨年度の広島がんネット(本サイト)のリニューアルに併せて,医療関係者や患者団体等の声も反映して,発行以来初,10年ぶりとなる大幅な改定を令和2年12月に行い,掲載内容の充実や利用者の利便性向上を図りました。

サポートブック表紙

【主な改定のポイント】

  • がん相談支援センターの相談員や患者団体等からの意見を参考に,情報の新規掲載や充実を図りました。
  • メインターゲットが高齢者であることを踏まえ,文字サイズを大きくしました。
  • 各相談窓口等をより身近に感じていただけるよう,患者さん・ご家族の声や,患者団体等からのメッセージを掲載しました。

 この冊子は,がん診療連携拠点病院などの県内医療機関や,地域包括支援センター,図書館などで令和2年12月下旬から順次配布予定です。また,がん患者さんやご家族,配布にご協力頂ける関係機関の方などにもお配りさせていただきますので,必要な場合は県健康福祉局健康づくり推進課(082-513-3093)までご連絡ください。

 

各掲載項目ダウンロード

ウェブブック(電子書籍)版

各項目をクリックするとウェブブック(電子書籍)が開きます。実際の本をめくるようにご覧いただけます。

PDF版

次の各見出しをクリックするとダウンロードできます。ファイルサイズにご注意ください。

【PDFファイルの見方】

  • ファイル内の青い下線部分(__)をクリックすると,該当ページへジャンプできます。
    (※イメージ図)
     青い下線リンクについて
  • PDFページの「しおり」から該当ページへジャンプできます。
    (1) ツールバーを表示する。
     ツールバーを表示
    (2) しおりを表示することで,該当ページを選択できる。
     しおり

 

全体版

【参考】 冊子印刷の仕方
 複数ページの文書を小冊子として印刷できます。1 枚の用紙に 2 ページずつ配置されます。
 両面印刷された用紙をページ順に重ね、2 つ折りにして綴じれば、ページが正しく配列された 1 つの冊子ができあがります。 
 ・印刷ダイアログボックスで、「小冊子」をクリックし、小冊子オプションを指定します。
 小冊子印刷

 

分割版

※各掲載項目については,本サイトにも詳しく掲載しています。
トップページの各メニューなどをご確認ください。

 

参考になるサイト(患者必携「がんになったら手にとるガイド」)

 国立がん研究センターが作成している,がんの情報を取りまとめた冊子「患者必携『がんになったら手にとるガイド』」,及び「わたしの療養手帳 (※前記「がんになったら手にとるガイド」の別冊)」も併せてご活用ください。患者さんのより良い療養生活につながるヒントや役立つ情報などが掲載されています。

 国立がん研究センターがん情報サービスでは,患者必携「がんになったら手にとるガイド」(別冊「わたしの療養手帳」を含む)などの書籍について,PDF版をホームページ上で閲覧することができます。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする