このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県がん医療ネットワーク

印刷用ページを表示する掲載日2020年3月25日

【目次】

 

広島県がん医療ネットワークとは?

 広島県がん医療ネットワークは,乳がん,肺がん,肝がん,大腸がん及び胃がんの,いわゆる「5大がん」について,検診から治療後の経過観察まで,切れ目のない適切ながん医療を提供することを目的として,一定の基準を満たす医療施設が参加し,連携しているネットワークです。

 

がん医療ネットワークのイメージ

 

5つの医療ネットワーク

 広島県では,5大がんそれぞれについて,医療ネットワークが構築されています。
 下記の広島がんネットのページでは,がん種ごとに医療ネットワークを紹介し,地域(二次保健医療圏)や機能ごとに参加医療機関を検索することが可能です。

 

新規申請・更新の手続きについて

 広島県がん医療ネットワークへの新規参加を希望する医療機関については,「医療機能調査票」による申請を随時受け付けています。

 また,既参加施設において,必要な医療機能の変更等がありましたら,情報の更新を行いますので,以下の「医療機能調査票」をダウンロードして,必要事項を記載の上,ご提出ください。

 なお,広島県では,定期的に県内全医療機関に対して,新規申請・更新の調査をすることとしており,現在調査を行っています。新規参加または継続参加を希望される医療機関は,機能調査票を作成の上,令和2年3月31日(火曜日)までにがん対策課までご提出ください。

 

医療機能調査票ダウンロード

広島県がん医療ネットワーク機能調査票 (Excelファイル)(65KB)

 

提出先

fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp(広島県健康福祉局がん対策課)

※必ずメールでご提出ください。

 



【参考になるページ等】

 広島県がん医療ネットワーク参加施設では,患者さんと医療者が診断から術後にいたるまでの経過等を記録し,情報を共有する「わたしの手帳」と,がん治療を行った病院と地域のかかりつけ医が協力して,専門的な治療と日常の診療・投薬などを役割分担しながら,治療経過を共有する「地域連携パス」の活用を推進しています。

 

 広島県のための医療機関・医療情報検索サイトです。お住まいの地域や医療機関の特長など,様々な条件から医療機関等を検索することが可能です。

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする