ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
がんネットを検索 google

がん検診の状況

がんを知る がんの基礎知識

  がんを取り巻く現状 
 1 がんの罹患,死亡等の状況  2 がん医療提供体制の状況  3 がん検診の状況
  各種がんの解説   診断・治療方法    がんQ&A   がんの予防   コラム(広島県の肝炎対策)   セルフチェックコーナー

がん検診の状況

県内の市町が実施するがん検診の受診率は8~18%で推移していますが,今後,がんの早期発見を進めるため,がん検診受診率を高めていきます。

・市町によるがん検診受診率の推移 ・全国平均との比較

市町によるがん検診受診率の推移

市町では,がん検診として「肺がん」,「胃がん」,「大腸がん」,「乳がん」,「子宮がん」検診が実施され,受診率の推移をみると,全体としては8~18%程度と横ばいか,やや減少傾向で推移しています。
 なお,17・18(2005・2006)年度で,「乳がん」と「子宮がん」の検診受診率が大きく変動しているのは,国において受診率の算定方法等が変更されたことによるものです。

図9 市町が実施するがん検診受診率の推移

市町が実施するがん検診受診率の推移のグラフ

出典:平成21(2009)年度地域保健・健康増進事業報告(厚生労働省)

  ページの先頭へ

全国平均との比較

市町の実施するがん検診の受診率を全国平均と比較すると,乳がん以外は全国平均を下回っています。特に,「肺がん」や「大腸がん」は全国平均を大きく下回っている状況です。

図10 市町が実施するがん検診受診率の全国比較(平成21(2009)年)

市町が実施するがん検診受診率の全国比較(平成19(2007)年)のグラフ

出典:平成21(2009)年度地域保健・健康増進事業報告(厚生労働省)

サイトマップ文字サイズの変更方法

広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp