このページの本文へ
ページの先頭です。

お金と暮らしの支援―子育て中の方への各種制度

印刷用ページを表示する掲載日2020年3月25日

子育て中の方への各種制度

 がんの治療を受ける時や,療養のために一時的に養育が困難になった時に,活用できる制度があります。
 詳しくは,お住まいの各市町の担当課にご確認いただくか,広島県の子育てポータル「イクちゃんネット」をご確認ください。

※市町によっては実施されていないところもあります。

 

保育所等の一時預かり

 保育所に入園していない乳幼児を持つ保護者が一時的に,保育できないとき数日間預かってくれる保育所があります。また,子育て支援センターで一時預かりしているところもあります。
 詳しくは,お住まいの各市町にお問い合わせください。

 

ファミリー・サポート・センター

 県内の多くの市町にはファミリー・サポート・センターという制度があります。
 援助をしたい人(ボランティア)が,子育ての援助を受けたい人への援助をするという有償ボランティアの制度です。
 各施設によって対象の援助内容や利用の方法は異なります。
 詳しくは,各施設にお問い合わせください。

 また,市町の社会福祉協議会やシルバー人材センターで子育てや家事援助を行う有償ボランティアの制度があるところもあるので,問い合わせてみてください。
 子どもの送り迎えや買い物などの,外出時の子どもの預かりの援助をしてもらうことができます。

 

短期入所生活援助事業(ショートステイ)

 保護者が病気,冠婚葬祭などのため児童養育が一時的に困難になったときや,母子が緊急的に一時保護を必要とするときに,児童養護施設などで一定期間,過ごすことができます。
 利用の際は,お住まいの各市町の担当課にお問い合せください。

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする