ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

博物館登録について

概要

 博物館とは,歴史,芸術,民俗,産業,自然科学等に関する様々な資料を収集,保管,展示することによって,利用者の教養の向上や,調査研究等に資するとともに,資料の調査研究等を行う施設のことです(関連条文:博物館法第2条)。

登録博物館とは

 博物館法上の博物館(登録博物館)とは,博物館の所在する都道府県の教育委員会(広島市に所在する博物館については広島市の教育委員会)が,同法の目的を達するために必要な要件を備えているものとして登録した施設をいいます(関連条文:博物館法第2条)。

博物館に相当する施設とは

 「博物館に相当する施設」とは,博物館の所在する都道府県の教育委員会(広島市に所在する県立を除く博物館については広島市の教育委員会)が,博物館の事業に類する事業を行う施設として指定した施設をいいます(関連条文:博物館法第29条)。

 登録の手続き

 広島県においては,博物館の登録に関する規則 (PDFファイル)(100KB)に定める博物館登録申請書に必要書類を添付して広島県教育委員会(広島市に所在する県立を除く博物館については広島市の教育委員会)に提出していただき,登録要件の審査を経て,登録要件を満たしていると判断された場合,博物館登録原簿に登録されます。

1 主な登録要件

  • 博物館法第2条第1項に規定する目的を達成するために必要な博物館資料があること。
  • 博物館法第2条第1項に規定する目的を達成するために必要な学芸員その他の職員を有すること。
  • 博物館法第2条第1項に規定する目的を達成するために必要な建物(延面積165平方メートル以上)及び土地があること。
  • 1年を通じて150日以上開館すること。

 (※)博物館法第2条第1項に規定する目的:歴史,芸術,民俗,産業,自然科学等に関する資料を収集し,保管し,展示して教育的配慮の下に一般公衆の利用に供し,その教養,調査研究,レクリエーション等に資するために必要な事業を行い,あわせてこれらの資料に関する調査研究をすること 

2 提出書類

  • 博物館登録申請書

3 添付書類

  • 設置条例の写し
  • 館則の写し
  • 直接,博物館の用に供する建物及び土地の面積を記載した書面及び図面
  • 当該年度における事業計画及び当該事業に係る予算を記載した書面
  • 博物館資料の目録並びに学芸員の氏名を記載した書面

※ その他,登録しようとする博物館の状況に応じて追加書類の添付をお願いすることがあります。

指定の手続き

 博物館相当施設指定申請書に必要書類を添付して広島県教育委員会(広島市に所在する県立を除く博物館については広島市の教育委員会)に提出していただき,指定要件を満たしていると判断された場合,博物館に相当する施設として指定されます。

1 主な指定要件

  • 博物館の事業に類する事業を達成するために必要な資料を整備していること
  • 博物館の事業に類する事業を達成するために必要な専用の施設(延面積132平方メートル以上)及び設備を有すること
  • 学芸員に相当する職員がいること
  • 一般公衆の利用のために当該施設及び設備を公開すること
  • 1年を通じて100日以上開館すること

2 提出書類

  • 博物館相当施設指定申請書

3 添付書類

  • 当該施設の有する資料の目録
  • 直接,博物館の用に供する建物及び土地の面積を記載した書面及び図面
  • 当該年度における事業計画書及び予算の収支の見積に関する書類
  • 当該施設の長及び学芸員に相当する職員の氏名を記載した書類

※ その他,指定を受けようとする博物館の状況に応じて追加書類の添付をお願いすることがあります。

広島市内に所在する博物館の登録等の手続き

広島市内に所在する博物館の登録等の手続きについては,平成27年4月1日より広島市へ権限移譲されました。詳細につきましては,広島市教育委員会にお問い合わせください。

  • 連絡先について

担当部署:広島市市民局文化スポーツ部文化振興課

(電話) 082-504-2500     (Fax) 082-504-2066

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする