ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

教育長からのメッセージ

教育長 平川 理恵

 

 

 本県では,生涯にわたって主体的に学び続け,多様な人々と協働して新たな価値を創造することのできる人材を育成するため,学習者を基点とする能動的で深い学びである「主体的な学び」を推進しており,平成30年度からは,この「学びの変革」の全県展開に取り組んでいます。

 この度,この「学びの変革」を先導的に実践する広島叡智学園中学校・高等学校と,備北地域において中高一貫教育を受ける機会を選択できる三次中学校・高等学校が開校しました。
 ここから更に「学びの変革」を推進していきます。

 また,昨年度来構築してきた「学びのセーフティネット」により,全ての子供たちが右肩上がりに成長することを目指します。子供たち一人一人に寄り添った多様で質の高い学びを実現するための様々な取組を進めていきます。

 私は平成30年4月に着任して以降,現場主義を掲げ,昨年度,分校・分級を含め,103校全ての県立学校を訪問し,また23市町の学校も全て訪問しました。今年度も引き続き学校現場の声をしっかりと聞きながら,「広島で学んで良かった」と思える日本一の教育県の実現を目指していきます。

 平成31年4月  教育長 平川 理恵 

教育長写真

教育長学校等訪問記録はこちら

 

 

この記事をシェアする