ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「広島県 教育に関する大綱」に基づく教育委員会主要施策実施方針

1 趣旨

 令和2年10月に本県の総合計画である「安心▷誇り▷挑戦 ひろしまビジョン」が策定されるとともに,令和3年2月に「広島県 教育に関する大綱」(以下「大綱」という。)が策定され,本県教育の基本理念や目指す姿に加え,これらに基づく今後5年間の教育施策の基本的な方針・方向性が示されました。
 <基本理念>
 広島で学んで良かったと思える 広島で学んでみたいと思われる 日本一の教育県の実現
 <目指す姿>
 一人一人が,生涯にわたって主体的に学び続け,多様な人々と協働して新たな価値を創造する人づくりの実現

 大綱に掲げる基本的な方針・方向性に基づき,教育委員会が取り組む施策について,「安心▷誇り▷挑戦 ひろしまビジョン アクションプラン」(令和2年12月策定)や各種の個別計画等を基にして,体系的俯瞰的に整理し,全体像を明らかにすることで,大綱の目指す姿の実現に向けた取組の進捗の把握・評価に活用していきます。

2 「教育振興基本計画」としての位置付け

 「安心▷誇り▷挑戦 ひろしまビジョン」及び「広島県 教育に関する大綱」,「『広島県 教育に関する大綱』に基づく教育委員会主要施策実施方針」を一体のものとして,教育基本法(平成18年法律第120号)第17条第2項に定める「教育振興基本計画」に位置付けます。

【参考】「教育基本法」第17条

第17条 政府は,教育の振興に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため,教育の振興に関する施策についての基本的な方針及び講ずべき施策その他必要な事項について,基本的な計画を定め,これを国会に報告するとともに,公表しなければならない。

 2 地方公共団体は,前項の計画を参酌し,その地域の実情に応じ,当該地方公共団体における教育の振興のための施策に関する基本的な計画を定めるよう努めなければならない。

教育に関する基本的な法律・計画などはこちら【文部科学省ホームページ】

3 取組期間

 令和3年度から令和7年度までの5年間

4 実施方針の内容

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする