ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年度の広島県における生徒指導上の諸課題の現状について-暴力行為の現状-

平成28年度国公私立小・中・高等学校(全日制・定時制・通信制)の暴力行為の状況

1 暴力行為【国公私立小学校,中学校,高等学校(全日制・定時制・通信制)】

(1) 発生件数(学校内及び学校外の合計)

  平成27年度 平成28年度 対前年度比
件数 増減率
小学校 470件 437件 ▲33件 ▲7.0%
中学校 696件 636件 ▲60件 ▲8.6%
高等学校 172件 164件 ▲8件 ▲4.7%
合 計 1,338件 1,237件 ▲101件 ▲7.5%

※平成25年度から高等学校は通信制を含む。

小学校は33件(7.0%)減少,中学校は60件(8.6%)減少,高等学校は8件(4.7%)減少
小学校,中学校,高等学校の合計は101件(7.5%)減少

(2) 児童生徒1,000人あたりの発生件数

  平成27年度 平成28年度 対前年度比
(件数)
小学校 3.1件 2.9件 ▲0.2件
中学校 8.8件 8.1件 ▲0.7件
高等学校 2.2件 2.1件 ▲0.1件
合 計 4.3件 4.0件 ▲0.3件

小学校は0.2件減少,中学校は0.7件減少,高等学校は0.1件減少
小学校,中学校,高等学校の合計は0.3件減少

詳細

暴力行為の発生件数の年次推移 (PDFファイル)(175KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする