交通抑制対策

トップページ > 県民会議を知る > 開催支援に向けた取組 > 交通抑制対策​

広島サミット開催に関する経済団体
及び交通事業者へのお願いについて

G7広島サミットが、2023年5月19日~21日の日程で開催されます。G7広島サミットは、G7各国首脳が一堂に会する大規模な国際会議であり、広島を世界にアピールする絶好の機会でもあることから、G7広島サミットの成功に向け、オール広島で、安全・安心の確保、代表団等へのおもてなしに取り組んでいくことが不可欠であると認識しています。

会議開催の前後には、各国首脳や政府要人等が多数来広・滞在されますが、その際、宿泊先となるホテルの確保や滞在中の警備、移動中の交通規制などにより、県民・企業の皆様に、相当のご不便をおかけする可能性があるとともに、会場や首脳の宿泊ホテル及び訪問地など場所によっては、会議開催前の一定期間も催事等の開催に支障をきたす場合もありうると考えています。

このため、広島サミット県民会議では、経済団体を通じて、各団体会員企業様にサミット開催前後を含む上記期間中、交通総量を抑制し、一般交通に与える影響を最小限にとどめるため、催事の開催等にご配慮・ご協力いただきたい旨、依頼文書を送付しましたのでお知らせいたします。

また、各国首脳や政府要人等の滞在や移動中の警備に伴う交通規制が予想されます。サミット開催期間中は、広島市内のみならず、広島市内方向へ流入する車両等に対しマイカー利用を自粛し、電車の利用促進をするなど、交通総量を抑制する必要があると考えており、本会議としても、今後、県警等と協議の上、交通総量抑制対策を実施する予定にしているため、交通総量抑制対策にご協力いただきたい旨、交通事業者様宛てに依頼文書を送付しましたのでお知らせいたします。

今後とも、オール広島で会議の成功に向け取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

G7広島サミット開催時における各社催事について(経済団体の皆様へ) (PDFファイル)(114KB)
G7広島サミット開催時における交通総量抑制対策への協力について(交通事業者の皆様へ) (PDFファイル)(112KB)