ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鳥付装飾須恵器

鳥付須恵器
「鳥付装飾須恵器(とりつきそうしょくすえき)」(石塚第2号古墳出土,古墳時代)

羽を広げた鳥のかざりが愛らしい須恵器(すえき)です。北広島町の石塚第2号古墳からみつかりました。
須恵器とは,古墳時代中ごろから作られ始めた灰色の焼き物です。
須恵器のなかには,日常の器の他に,こうした動物の形をあらわしたものもあります。

この記事をシェアする