ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

連携事業

令和4年度

みよし風土記の丘ミュージアムと広島県立三次高等学校との博学連携

当館では,平成30年度から博学連携事業として,学芸員が三次高等学校の学校設定科目「日本史読解」に参画しています。授業の中でその専門性を活かして高校生の探究学習に対する助言や指導を行い,生徒の歴史に対する考察力・判断力・表現力を育てる学習を支援しています。

第1回(5月12日)の授業では,担当学芸員が「ひろしまの文化・みよしの文化ー文化の交流ー」と題して,広島県の風土や伝統芸能である神楽から読み取れる特徴について授業を行いました。

三次高等学校での授業の様子を掲載しています。 三次高等学校での授業の様子を掲載しています。

 

令和3年度

みよし風土記の丘ミュージアムと広島県立三次高等学校との博学連携展示
「日本史読解
」歴史新聞

当館学芸員が三次高等学校の学校設定科目「日本史読解」に参画し,授業の中でその専門性を活かして高校生の取組に対する助言や指導を行い,生徒の歴史に対する考察力・判断力・表現力を育てる学習を支援してきました。生徒たちの調査研究成果をまとめた「歴史新聞」を,当館に掲示しました(掲示期間:令和4年3月15日~3月30日)。

高校生の歴史新聞

この記事をシェアする