ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

歴風トーク

 歴風トークは、当館職員等が日頃から調査・研究している、考古・歴史・民俗などに関する様々な話題を、フィールドワークや実演・討論などの中で提供し、参加者の歴史や文化財に対する理解を深めることを目的としています。

令和5年度 歴風トーク

◇第4回歴風トーク「草戸千軒 発掘調査の思い出」
第4回歴風トークのチラシを掲載しています。

第4回歴風トーク「草戸千軒 発掘調査の思い出」チラシ (PDFファイル)(401KB)
​ 中世考古学の先駆けとして、全国的に注目された広島県草戸千軒町遺跡調査研究所。その開所50周年を記念して、遺跡の発掘調査に携わったメンバーたちが往時の思い出を語り合います。芦田川の水と闘いながら、川底から中世の町をよみがえらせた感動や苦労話をお聞きください。
日時 令和6年3月10日(日)14:00~16:00(受付13:30~)
話題提供者 松下 正司さん(比治山大学名誉教授)、加藤 光臣さん(三次地方史研究会事務局長)、山縣 元さん(元当館学芸課長)、下津間康夫さん(元当館館長)、田邊英男(前当館館長、当館学芸員エルダースタッフ)
遺跡紹介 山川聡大さん(広島県立歴史博物館学芸員)
会場 当館 研修室
参加費 無料(展示の観覧には別途入館料が必要です。)
定員 100名(事前申込が必要です。先着順で受け付けます。)
申込方法 回数、名前、年齢、住所、電話番号を記入の上、電子申請システム・Eメール・FAX・はがきのいずれかで当館までお申込みください。

​​◇第3回歴風トーク「戦争体験の継承について」
第3回歴風トークの情報を掲載しています。

第3回歴風トーク「戦争体験の継承について」チラシ (PDFファイル)(327KB)
 先の大戦では多くの人が戦争の犠牲になりました。戦争体験者が減少し、戦争の記憶が風化の一途をたどりつつあることも事実です。平和の大切さや戦争の悲惨さを次世代にどのように伝えていくかは緊要の課題です。世羅町での取組について紹介します。​
日時 令和6年2月25日(日)14:00~16:00(受付13:30~)
話題提供者 林 光輝さん(世羅町教育委員会社会教育課 主査兼学芸員)
会場 当館 研修室
参加費 無料(展示の観覧には別途入館料が必要です。)
定員 100名(事前申込が必要です。先着順で受け付けます。)
申込方法 回数、名前、年齢、住所、電話番号を記入の上、電子申請システム・Eメール・FAX・はがきのいずれかで当館までお申込みください。​

◇年間計画 

令和5年度歴風トークの全体チラシを掲載しています。
令和5年度歴風トークチラシ (PDFファイル)(3.26MB)

 
開催日 テーマ 話題提供者 備考
第1回 12月10日(日) 奉納された たたら製鉄関連資料 当館主任学芸員 平川孝志 終了しました
第2回 1月14日(日) 可部古墳群について 当館学芸員 川上華恋 終了しました
第3回 2月25日(日) 戦争体験の継承について

世羅町教育委員会社会教育課

林光輝さん

 

第4回 3月10日(日) 草戸千軒 発掘調査の思い出 【話題提供者】
松下正司さん(比治山大学名誉教授)
加藤光臣さん(三次地方史研究会事務局長)
下津間康夫さん(元広島県立歴史民俗資料館 館長)ほか
【遺跡紹介】
山川聡大さん(広島県立歴史博物館学芸員)

 

 

会場 当館 研修室
参加費 無料(展示の観覧には別途入館料が必要です。)
定員 各回100名(事前申込が必要です。先着順で受け付けます。)
申込方法 回数、名前、年齢、住所、電話番号を記入の上、電子申請システム・Eメール・FAX・はがきのいずれかで当館までお申込みください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)