ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

歴風トーク

歴風トークは,当館職員等が日頃から調査・研究している,考古・歴史・民俗などに関する様々な話題を,フィールドワークや実演・討論などの中で提供し,参加者の歴史や文化財に対する理解を深めることを目的としています。

平成29年度第1回歴風トーク 「国史跡寺町廃寺跡と水切瓦について考える」

三次市に所在する国史跡寺町廃寺跡は,日本初の仏教説話集『日本霊異記』に記録が残る「三谷寺」と比定されています。今回の歴風トークでは,これまでの調査研究の成果を振り返りながら,三谷寺が造営された背景を,参加者の皆さんと一緒に考えます。

歴風トークチラシ 29-1

29-1 歴風トークチラシ (PDFファイル)(424KB)

平成29年度 歴風トーク 年間計画

開催日

テーマ

話題提供者

第1回12月10日(日)

国史跡寺町廃寺跡と水切瓦について考える

島田朋之(当館)
第2回平成30年1月14日(日)毛利元就次男の元春が吉川家を相続するということ木村信幸さん(広島県立歴史博物館)
第3回2月11日(日・祝)
神話と考古学の接点を探る~『古事記』の「比婆之山」をめぐって~
稲村秀介さん(庄原市教育委員会)
第4回3月18日(日)中世遺跡と向き合って下津間康夫(当館)

・時 間 14:00~16:00
・会 場 みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館) 研修室
・対 象 考古・歴史・民俗などに興味のある方はどなたでも
・参加費 無料(展示の観覧には,別途入館料が必要です。)
・申 込 当日受付 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)