ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

風土記の丘の一コマ

◆雪景色(2022/1/12)
昨日からの雪で,風土記の丘はあたり一面雪景色。雪が積もると,動物たちが通った跡がよく分かります。
雪の古墳雪化粧した古墳。
動物の足跡アップ
動物の通り道動物が通った跡。何匹か並んで歩いたのでしょうか。

◆新春の朝日(2022/1/8)
霜が降りた新春の風土記の丘。霧の海から朝日が昇る様子は,とても神秘的です。
霜の朝
サザンカの葉

◆ナンテンとサザンカ(2021/12/9)
ナンテンが赤い実をたくさんつけました。「難を転ずる」ことに通じるナンテンは,めでたい木とされています。他にも,冬の風土記の丘では可憐なサザンカの花を楽しむことができます。
ナンテンサザンカ

◆深い霧と古墳(2021/11/19)
冷え込む日が多くなり,冬がすぐそこまで来ているのを感じます。この季節には,日によって深い霧の中にたたずむ古墳群を見ることができます。
 霧の中の古墳

◆キンモクセイの香り(2021/11/7)
紅葉がきれいな季節になりました。今年は遅めでしたが,風土記の丘のキンモクセイも見ごろを迎え,甘い香りを漂わせています。
紅葉 キンモクセイ

◆植物観察のイベントを開催(2021/10/23)
10月23日(土)に「風土記の丘で植物について知ろう」が開催されました。講師の吉野由紀夫さんの解説を聞きながら,園内の植物を観察しました。
植物観察1 植物観察2
木の幹の温度をみんなで触り比べ。
植物に実際に触れることで新たな発見が得られ,楽しいひと時となりました。

◆霧がたちこめる季節(2021/10/10)
10月に入っても真夏日が続いていますが,朝夕は気温が下がるようになったため,晴れた朝には風土記の丘に霧がたちこめるようになりました。
霧の風土記の丘

◆風土記の丘で虫さがし(2021/6/25)
天気が良い日には,自然豊かな風土記の丘で,虫さがしをしてはどうでしょうか。先日はめずらしい「赤いバッタ」が顔をのぞかせてくれました。
赤いバッタ

◆ハルゼミの声(2021/5/9)
みよし風土記の丘にはハルゼミの声が響いています。松の幹をよく観察すると,小さなハルゼミの抜け殻がみつかるかもしれません。
園内風景ハルゼミ

◆藤の花がもうすぐ満開(2021/4/25)
この季節は,あちこちに藤の花が咲き,道行く人の目を楽しませてくれます。
みよし風土記の丘にも藤棚があり,きれいに色づいています。
藤1
藤2

◆顔をのぞかせたタケノコ(2021/4/2)
タケノコが資料館横に顔を出し,ぐんぐん伸びています。成長の早さには毎年驚かされます。
春が訪れた風土記の丘では,ウグイスの声がよく聞こえます。
タケノコ1
白い花

◆春の訪れ(2021/3/18)
暖かい日がつづき,風土記の丘では春を告げる花が咲き始めました。
資料館のエントランスホールからみえる枝垂桜も,もうしばらくすると見ごろを迎えそうです。
枝垂桜レンギョウ
ハクモクレン

この記事をシェアする