ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

スキンシップがいいらしい

 スキンシップで,脳の中にホルモン(オキシトシン)が出ることがわかっています。

 そのホルモンには,人とのきずなを深める,心を安らかにする,
記憶力を高める,身体の成長を促す,といった働きがあるようです。

 親子のスキンシップで,子供はもちろん,大人も癒され元気になっているのですね。

非言語のかかわり

 ことばの発達がまだ未熟な2歳までの時期には,特に,五感に訴える「視線,声の抑揚,肌の触れ合い,におい,表情等」をたくさん受け取る機会があることが子供の発達には大切です。
(出典:『こころが育つ環境をつくる』「現代科学技術の負の影響から子どもの本来の育ちを守ろう」広島大学名誉教授 利島 保)

スキンシップ

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする