(せいじれんべんもんわん) - 広島県教育委員会" /> 青磁蓮弁文碗<span style="FONT-SIZE:90%">(せいじれんべんもんわん)</span> - ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館) | 広島県教育委員会
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

青磁蓮弁文碗(せいじれんべんもんわん)

青磁蓮弁文碗

資料名称青磁蓮弁文碗
資料名読みせいじれんべんもんわん
時代明時代
年代16世紀前半頃
形態 
材質 
寸法口径14.5cm 底径6.0cm 高さ8.7cm
解説 高い高台をもつ厚手の青磁碗である。外面には簡略化された細い蓮弁文がヘラで描かれ、内面の見込(みこみ)いっぱいに花文がヘラ描きされている。高台の内側を除く全面に施釉された青磁釉は淡緑色に美しく発色している。
 この種の碗は16世紀前半頃を中心にさかんに輸入されており、各地の中世遺跡から数多く出土している。(佐藤昭嗣)
備考 

この記事をシェアする