このページの本文へ
ページの先頭です。

動物愛護センターの日常93(犬と楽しく生活するために~「しつけ」ってなあに?~)

印刷用ページを表示する掲載日2022年8月31日

動物愛護センターの日常
空欄
愛護センターの日常93
犬と楽しく生活するために 
~「しつけ」ってなあに?~

空欄
犬と楽しく生活するためには「しつけ」 が必要です。
・飼い主さんは犬との快適な暮らしのために
 ・犬は必要なルールやマナーを学ぶために

犬に 「してほしい事」 を教えます。
空欄
ぺーちゃん
空欄

犬のしつけというと、犬が「してほしい事」をするまで
叱り続けること?と思われる方はいませんか?
実は,「叱る」より
「褒める」方がどんどん学習が進み,
飼い主さんとの
信頼関係も良くなります。
空欄

しつけ
空欄

しつけは子犬のころから始めると、覚えやすいです。
飼い主さんが「してほしくない事」を覚えて育ってしまうと、治りにくいです。
空欄
しかし、成犬になってからでもしつけをすることはできます!
少しずつ根気よく教えていきましょう!
空欄
no.20
空欄

愛護センターでは
「誘導法」という方法で教えています。
「誘導法」とは、おやつやご飯で誘導して
できたら
褒めて、ご褒美(おやつなど)をあげます。
誘導法でたくさん良いことを教えてあげましょう!
空欄
愛護センターの譲渡講習会では,
大事な 「しつけ8項目」 を紹介しています。

 
・体中を触らせる
・ご飯を守らない
・アイコンタクト
・おすわり
・ふせ
・まて
・おいで
・引っ張らずに歩く

この8項目でルールやマナーを教えて
犬と楽しい生活をしましょう!
8項目のトレーニング方法と動画のリンクを
上の表に載せますので、ぜひご覧ください!
空欄
次回は、
「体中を触らせる」 ことの大切さや
トレーニング方法をお話しします。

過去ログ一覧に戻る

 

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする