ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県小学校教育研究会 道徳科部会

広島県小学校教育研究会 道徳部会

リストマーク会長 尼子 博崇 (広島市立吉島小学校)

リストマーク事務担当 神原 久美子 (広島市立安東小学校)

リストマーク連絡先 082-878-3629

■■つぎの情報を更新しました■■

○道徳教育の充実(『平成30年度 広島県教育資料』)を掲載しました。
○平成30年度「道徳教育改善・充実」総合対策事業(文部科学省委託)推進校及び推進地域を掲載しました。
○第32回広島県小学校道徳教育研究大会(一次案内)を掲載しました。

リストマーク会則 (PDFファイル)(250KB)

リストマーク組織

リストマーク研究大会

平成30年度 第32回 広島県小学校道徳教育研究大会

<大会主題>

「自己の生き方に向き合い,共によりよく生きる児童を育む道徳教育」

日時 平成30年10月16日(火曜日)

会場 竹原市立忠海小学校外部リンク (竹原市忠海東町三丁目9番1号)

内容 公開授業・児童発表・分科会・講演等

講演 講師 東京学芸大学 教授 永田 繁雄

第一次案内 (PDFファイル)(174KB)

 

    過去の研究

 →広島県小学校教育研究会のページへ 

担当指導主事のコーナー

大橋 美代子(豊かな心育成課)

 ◆ 関係情報や参考になる取組などを紹介しています ◆

リストマーク道徳に係る小・中学校学習指導要領一部改正のポイント

小学校学習指導要領新旧対照表(平成27年3月) (PDFファイル)(213KB)

中学校学習指導要領新旧対照表(平成27年3月) (PDFファイル)(201KB)

小学校学習指導要領解説 特別の教科 道徳偏(平成29年6月)

中学校学習指導要領解説 特別の教科 道徳編(平成29年7月)

1 基本的な構成等について

○学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育に関することは,「第1章 総則」に,道徳の時間に代えて位置付ける特別の教科である道徳(以下「道徳科」という。)に関することは,「第3章 特別の教科 道徳」にそれぞれ示した。

2 目標について

(1)学校教育全体としての道徳教育の目標「第1章 総則」

○児童生徒の道徳性を養うという趣旨が明確になるようにした。

(2)道徳教育の要である道徳科の目標「第3章 特別の教科 道徳」

○育成すべき資質・能力が明確になるようにした。

3 内容について

○いじめの問題への対応の充実や,児童生徒の発達の段階をより一層踏まえた体系的なものとする観点から改善を図った。

4 指導に当たっての配慮事項等について

「第1章 総則」

○いじめの防止の関連としての配慮事項を新たに記載した。

「第3章 特別の教科 道徳」

○指導の配慮事項として,問題解決的な学習,道徳的行為に関する体験的な学習等の指導方法の工夫のほか,情報モラル,環境,科学技術と生命倫理等に関する事項を示した。

○教材については留意事項として,児童生徒の発達の段階に即し,ねらいを達成するのにふさわしいものであることや,多様な見方や考え方のできる事柄を取り扱う場合には,特定の見方や考え方に偏った取扱いがなされていないものであることなどの観点に照らし適切と判断されるものであることを示した。

○評価については,児童生徒の学習状況や道徳性に係る成長の様子を継続的に把握し,指導に生かすよう努める必要があることを示した。なお,数値などによる評価を行わないことは従前と同様である。

リストマーク広島版「学びの変革」アクションプランとのかかわり

  広島県教育委員会は平成26年12月に広島版「学びの変革」アクションプランを策定しました。この中で,「学び続ける」ためのコンピテンシーの四つの要素として,「知識」,「スキル」,「意欲・態度」,「価値観・倫理観」が示され,好循環を引き起こすよう指導することが求められています。この四つの要素のうち,特に「価値観・倫理観」の向上のために道徳教育のより一層の充実が求められます。具体的には,道徳教育の要である道徳の授業づくりにおいて「学習者基点の学び」,「能動的な学び」,「深い学び」の三つのポイントが促される授業づくりに努める必要があります。

リストマーク「豊かな心」を育てるために

  • 「豊かな心を育てる道徳コーナー」
    豊かな心を育むひろしま宣言 …平成14年11月に発信豊かな心を育むひろしま宣言~育てよう「心の元気!」~
    心に響くちょっといいはなし …心温まる話,感動した話
    今月の育てよう「心の元気!」…学校の取組を紹介 など

リストマーク研究報告集

(1) 『心の元気1』(「児童生徒の心に響く教材の活用・開発」研究報告集1)

     『心の元気2』(「児童生徒の心に響く教材の活用・開発」研究報告集2)…道徳部会の研究協力者の先生方による実践報告集
(2)『生徒指導充実のための道徳教育実践事例集』 …道徳教育実践指定校の先生方による実践事例集
(3)広島県道徳教育指導資料 『地域教材開発の手引』…広島県道徳教育指導資料作成委員会委員及び分野別作成部会員による教材開発の手引
(4)広島県道徳教育指導資料『読み物教材例集・授業展開例集』…「先人の伝記」「自然」「伝統と文化」「スポーツ」の四つの分野を題材とした地域教材についての展開例や資料分析表,板書例やワークシートなど
(5) 『言語活動の充実に関する指導資料』《広島県教育資料)
各教科等における言語活動の充実(PDF)
各教科等の指導事例の活用に当たって(PDF)
小学校道徳の事例(PDF)
中学校道徳の事例(PDF)

(6)道徳教育改善・充実のための「道徳教育研修ハンドブック」(平成27年3月)
(7)【改訂版】道徳教育改善・充実のための「道徳教育研修ハンドブック」(平成29年3月) 

リストマーク「道徳教育改善・充実」総合対策事業(文部科学省委託)推進校及び推進地域

■≪メニュー1≫小・中・高等学校道徳教育の実質的充実に係る取組 

指定校・指定地域 研究主題 研究公開日
西 部 呉市立宮原中学校外部リンク
(※継続)
自己肯定感・自己有用感を高める道徳教育の在り方
~地域の教材を生かした地域愛・郷土愛の育成を通して~
10/23(火)
熊野町立熊野第三小学校外部リンク 自己を見つめ,よりよい人間関係を築こうとする児童の育成
~道徳的価値を深める対話や振り返りを通して~
12/6(木)
芸 北 安芸高田市立向原中学校外部リンク
(※継続)
自他を認め合い,お互いを大切にして,仲間と共によりよく生きようとする生徒の育成
~「考えを深める」道徳の授業づくりと評価を通して~
12/14(金)
東 部 尾道市立因北小学校外部リンク
(※継続)
自己を見つめ,自己の生き方について考える主体的な学びの創造
~カリキュラム・マネジメントを生かした道徳教育の推進を通して~
11/19(月)
世羅町立せらひがし小学校外部リンク
(※継続)
自己を見つめ,よりよく生きようとする児童の育成
~“かかわり”の中でより深める道徳科の指導と評価の工夫を通して~
10/18(木)
北 部 庄原市立西城小学校外部リンク
(※継続)
ふるさとの学びを生かし,よりよく生きるための基盤となる道徳性を養う児童の育成
~西城の「ひと」「こと」「もの」を生かした道徳教育の創造~
10/25(木)
福山市 福山市立鳳中学校外部リンク
(※継続)
自ら感じ,考え,行動化できる生徒を育てる道徳教育の創造 10/31(水)


沼南高等学校外部リンク 自己肯定感を高め,自他ともに大切にする生徒の育成
~地域との交流・体験活動から学ぶ~ 
11/6(火)
黒瀬高等学校外部リンク
(※継続)
「働くことの意義」を探究し,自らの生き方在り方の自覚を深めるカリキュラムの工夫
~総合的な学習の時間における養訓の取組を中心として~
1/30(水)
宮島工業高等学校外部リンク 地域貢献を進める中で,責任感や協調性を育成する道徳教育
~地域に愛される学校づくりを通して~
12/13(木)

 

■≪メニュー2≫小中連携による道徳教育の充実・発展に係る取組 (☆:センター校)

指定校・指定地域 研究主題 研究公開日
西
呉市立吉浦中学校区
吉浦小学校外部リンク
吉浦中学校外部リンク
地域の伝統や文化を大切にし,郷土愛を育む道徳教育
~小中一貫教育の中で道徳的実践力の育成を図ることを通して~
11/2(金)

府中市立上下中学校区
上下北小学校外部リンク
上下南小学校外部リンク
上下中学校外部リンク
「学びに向かう力」を育成する授業の創造
~「課題発見・解決学習」における「対話的な学び」を通して~
11/6(火)

三次市立三良坂中学校区
みらさか小学校外部リンク
三良坂中学校外部リンク
(※継続)

自己を見つめ よりよく生きようとする力を育む道徳教育
~小中をつなぐ主体的・対話的で深い学びの授業づくりと評価を通して~
10/5(金)

 

■≪メニュー3≫学校・家庭・地域の連携による道徳教育の充実・発展に係る取組

指定校・指定地域 地域まるごと宣言 研究公開日
西
東広島市立豊栄中学校区
豊栄小学校外部リンク
豊栄中学校外部リンク
豊栄で育む 心豊かな子供達 11/20(火)
西
江田島市立江田島中学校区
切串小学校外部リンク
江田島小学校外部リンク
江田島中学校外部リンク
(※継続)
かかわり 学び 高め合う 1/29(火)

 

*教育活動等の詳細については,直接各学校にお尋ねください。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする