ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県小学校教育研究会 人権教育部会

広島県小学校教育研究会 人権教育部会画像

 

 

 

 

 

 


会長 三吉 和彦(広島市立福木小学校)
事務担当 來須 真紀(広島市立基町小学校)
連絡先
福木小学校082-899-2511 
基町小学校082-228-0193

会則(PDF 5.2KB)

組織

広島県小学校教育研究会人権教育部会研修会

日時 平成30年8月22日(水曜日)14時00分~16時30分
場所 ホテルチューリッヒ東方2001

(1)実践発表
広島市立温品小学校 校長 上田 盛之
テーマ:「温品小学校の人権教育の取組 ~自己実現の喜びを目指して~」
 
(2)指導講話
テーマ:「実践発表を受けて,今求められる人権教育とは」
講師:広島県教育委員会事務局 豊かな心育成課 指導主事 大平 剛生


(3)講演
テーマ:「学校の教育活動全体を通じた自他を大切にする心を育む教育」
講師:広島都市学園大学 子ども教育学部 子ども教育学科 学科長 仏園 弘修 先生

担当指導主事のコーナー

大平 剛生(豊かな心育成課)

◆ 関係情報や参考になる取組などを紹介しています ◆

1 県内の文部科学省指定人権教育総合推進地域,指定校の紹介

 人権教育総合推進地域

【事業趣旨】中学校とその中学校区の小学校を推進協力校として,学校・家庭・地域社会が一体となった人権教育の総合的な取組を推進する。

 
指定年度 校区名(学校名) 研究公開 研究会資料等
平成28~30年度

江田島市立三高中学校区
(三高中学校,三高小学校)

平成30年11月13日(月曜日) 大会案内 (PDFファイル)(490KB)
平成30~32年度

安芸太田町立安芸太田中学校区
(安芸太田中学校,上殿小学校,
筒賀小学校,戸河内小学校)

平成31年1月24日(木曜日) 開催要項 (PDFファイル)(234KB)

 

人権教育研究指定校

【事業趣旨】人権意識を培うための学校教育の在り方について,幅広い観点から実践的な研究を行い,人権教育に関する指導方法等の改善及び充実に資する。

 
 

学校名

研究公開

研究会資料等

平成29・30年度

福山市立竹尋小学校

平成30年11月1日(木曜日)

 
平成29・30年度 呉市立昭和中央小学校

平成31年1月25日(金曜日)

大会案内 (PDFファイル)(719KB)
平成29・30年度 尾道市立栗原小学校

平成30年11月27日(火曜日)

大会案内 (PDFファイル)(243KB)
平成29・30年度 北広島町立新庄小学校

平成30年10月4日(木曜日)

大会案内 (PDFファイル)(101KB)
平成30・31年度 庄原市立比和中学校 平成30年10月24日(水曜日) 大会案内 (PDFファイル)(255KB)
平成30・31年度

県立神辺高等学校

平成30年11月2日(金曜日)

 
平成29・30年度 県立安古市高等学校 平成31年1月30日(水曜日)  

普遍的な視点を重視した人権教育の推進

県教育委員会が平成14年12月に策定した「広島県人権教育推進プラン」では,人権教育は,心豊かで文化的な社会の実現に向けて,人権尊重の理念を正しく理解、体得することが必要であり,特に生命の尊さや他人との共生・共感の大切さなど普遍的な視点からの取組を重視して実施することとしています。
そして,学校教育における人権教育は,学習指導要領に基づいて,道徳や各教科等における学習内容を適切に指導すること,さらに,指導に当たっては,自分の自由や権利と同様に他者の自由や権利を大切にすること,また権利の行使には責任が伴うことなどについて,特に配慮することが大切です。
平成30年度広島県教育資料 人権教育 (PDFファイル)(242KB)

 具体的な授業の展開例

学校教育においては,日常の授業を通して人権感覚を育成することが必要です。その具体例を「児童生徒一人一人に人権尊重の精神を育む授業展開例集」として,ホームページに掲載しております。
この「展開例集」では,授業におけるねらいや学習指導過程の中で人権尊重の精神を育む視点を示しております。学校においては,今後の各教科等における指導の参考にしていただくとともに,児童生徒の実態,発達段階に応じて,工夫を加え,活用してください。

県ホームページ 人権尊重の心を育てる教育のページ

2 「学びの変革」アクションプランとのかかわり

広島県教育委員会は平成26年12月に広島版「学びの変革」アクションプランを策定しました。この中で,「学び続ける」ためのコンピテンシーの4要素「知識」,「スキル」,「意欲・態度」,「価値観・倫理観」が示され,好循環を引き起こすよう指導することが求められています。このことを踏まえ,人権教育では,基本的人権等の「知識的側面」だけでなく,「自己への肯定的な態度」等の「価値的・態度的側面」や「共生・共感」「適切なコミュニケーション技能」等の「技能的側面」をバランスよく育成し,日常生活と関連付け活用・挑戦させて,自分を大切にし,他人を大切にし共に生きる児童生徒の育成を目指しています。

広島版「学びの変革」アクション・プラン(概要版) (PDFファイル)(528KB)

「人権教育を通じて育てたい資質・能力」とは (PDFファイル)(192KB)

3 過去の研究成果

平成23年度~25年度

その他

ヒューマンフェスタ2018ひろしま「いじめ防止実践発表会」

日時:平成30年12月9日(日曜日)
場所:広島市総合福祉センター5階(BIG FRONT ひろしま内)
発表校:呉市立昭和中央小学校,安芸太田町立安芸太田中学校,県立沼隈特別支援学校,県立安古市高等学校
パンフレット (PDFファイル)(2.69MB)
発表校紹介 (PDFファイル)(352KB)

昨年に引き続き“児童会や生徒会が中心となっていじめ撲滅キャンペーンや全校集会などの取組を行っている”あるいは“日々の学校生活,学校活動の中で命や人権の大切さを意識した活動を行っている”という学校にその取組の発表をお願いしました。今年は:呉市立昭和中央小学校,安芸太田町立安芸太田中学校,県立沼隈特別支援学校,県立安古市高等学校の4校の皆さんよる実践発表でした。

呉市立昭和中央小学校

発表の概要
私たちの小学校は,呉市焼山町の中ほど,灰が峰の北麓に建つ,全校児童524人の学校です。平成29・30年度の2年間,文部科学省の人権教育研究指定校として,“自他を大切にし,主体的に仲間や地域とつながる児童の育成”を進めてきました。今回は,本校が進めている児童会活動の「いじめ撲滅キャンペーン」や総合的な学習の時間の取組について発表しました。

発表の様子
昭和中央小 

安芸太田町立安芸太田中学校

発表の概要
安芸太田中学校は,筒賀中学校と戸河内中学校が統合して2年目の中学校です。全校生徒46名が「仲間を大切にする安芸太田中学校」を目指し,マイスター制度など,生徒会活動を中心にいじめ防止に向けた取組を進めてきました。今回は,これまで安芸太田中生徒会が取り組んできたあしあとをみなさんにお伝えしました。

発表の様子
安芸太田中

県立沼隈特別支援学校

発表の概要
私たちは,福山市南西部にある全校児童生徒104名の特別支援学校です。「げんきに」「なかよく」「たくましく」を校訓に,体力の向上,自ら挨拶,何事にもチャレンジを目指しています。今回は,いじめは絶対にダメという強い思いで作成した「いじめ防止宣言」や,「四つの約束」,いじめのない学校にするために児童生徒会で考えた「あいさつ運動」などの取組について発表しました。

発表の様子
沼隈特支

県立安古市高等学校

発表の概要
私たちの学校は,この2年間文部科学省の人権教育研究指定校として,「異なる価値観を持った人と協働して,社会に貢献できる」人材となる取組を学校全体で進めてきました。取組を通じて,いじめとは「自分と異なる価値観や考え方を排除すること」と捉え,相手との違いを知った上で,それを受け入れることがいじめ防止につながると考えるようになりました。今回はそのことについて発表しました。

発表の様子
安古市高

講 評:比治山大学 教授 上之園 公子 先生

 講評の様子

  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする