このページの本文へ
ページの先頭です。

就農支援課

農業研修の募集状況をお知らせします

主な業務内容

農業の担い手育成(認定農業者・新規就農者・集落法人・企業参入)に関すること、農地の利用促進に関すること,人・農地プランの推進に関すること,農業制度資金に関すること

広島県は新しく農業を始める人を応援しています!

  • 新規就農者育成情報

    農業を始めるための5つのポイント

    新規就農者育成情報

    志がありながら様々な事情により現在農業に就いてない方がいるとすれば、そのような方々を支援するのが私たちの役目です。

    新しく選ぼうとしている職業が農業だった場合、広島県は各市町や関係機関と連携しサポートできることがあります。

    このページでは農業を始めるにあたって知っておくべき5つのポイントを紹介しています。

  • ひろしま農業応援ガイド

    ひろしまで農業をしよう

    ひろしま農業応援ガイド

    広島で農業を始めたい方へ向けた求人情報や、各市町の農業研修や補助事業、移住・就農を希望される方に向けた生活関連補助事業やインフラ情報を紹介。

    JAグループ広島と広島県が連携し、就職活動や育成を全力サポートします。

    広島で農業を初めてみませんか?

農地の貸し借りなどに関して

農地の貸し借りなど

農地法の手続き

「今はサラリーマンだが定年退職後に農業をしたい」「農業をしているが歳をとったので子どもに農地を託したい」「集落のなかに耕作放棄地(遊休農地)が多くてどうしよう」など、農地の手続きに関する相談を受け付けています。

農地流動化(農地の貸借・売買)

担い手などが規模を拡大するに当たって、大きな問題のひとつが農地の確保です。農地の流動化を図り、担い手等の規模拡大を促進するため「利用権設定等促進事業」を推進しています。

農地中間管理事業の推進について

農地中間管理事業は、担い手の経営規模の拡大、農用地などの集団化、新規参入の促進、未活用農用地の有効活用を目的に、高齢などを理由に農業をリタイアする農業者などの農用地を農地中間管理機構が集積して、担い手に貸付ける事業です。

農家の家族のイラスト

令和元年12月14日土曜日に「みはら就農フェア2019」が開催されます。
詳細は,三原市役所ホームページをご覧ください。

令和元年度,2回の「就農応援フェア」を開催しました。
フェアの様子はこちらのページをご覧ください。

【1回目(6月29日土曜日開催)】 https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/81/shuunoufair20190629.html
【2回目(9月21日土曜日開催)】 https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/81/2019shuunoufair.html

新規就農の促進

認定農業者の支援

集落法人の育成

農業参入企業の支援

農業委員会制度