このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県新規就農者育成方針

印刷用ページを表示する掲載日2022年5月16日

広島県新規就農者育成方針について

 新規就農者育成総合対策実施要綱(令和4年3月30日付け3経営第3142号 農林水産事務次官依命通知)別記1の第7の1に基づき,「広島県新規就農者育成方針」を次のとおり策定しました。

 この育成方針は,広島県における新規就農者(独立・自営就農者及び雇用就農者)の確保に向けた課題や目標,新規就農者に対するサポート体制等を示すと共に,同要綱別記1の「経営発展支援事業」を実施する場合の本県における県加算ポイントの判断基準について定めたものです。

 同要綱別記1の経営発展支援事業は,次世代を担う農業者となることを目指し,令和4年度に独立・自営就農する49歳以下の認定新規就農者に対し,就農後の経営発展のために必要な機械・施設の導入等を支援する取組であり,ポイント制(国ポイント+県加算ポイント)で事業採択されることとなっています。

 

(1)広島県新規就農者育成方針(令和4年5月16日制定) (PDFファイル)(253KB)

(2)新規就農者育成総合対策について(概要版) (PDFファイル)(585KB)

(3)経営発展支援事業について(農林水産省HP)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする