ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市民農園の基礎知識

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

市民農園の役割(イメージ)
市民農園の種類

市民農園の役割(イメージ)

 市民農園には,「都市農村交流」と「農業教育」という大きな役割があります。
 一方,近年においては,農村部での「耕作放棄・遊休農地の解消」という役割が注目されています。
 「都市農村交流」では,特に周辺農家の方と入園者との間で,技術指導等を通じた交流が図られます。1度きりのイベントよりも,年間を通じてより密接な交流が行えるという利点があります。
 「農業教育」では,「食」について考える食農教育に大きな効果があります。また,近年では,土にふれることが身体に与える良い影響も注目されています。情操教育や,福祉を目的とした役割も期待される傾向にあります。
 「耕作放棄・遊休農地の解消」では,農家が農地管理ができなくなった結果,耕作放棄地等になっていることが考えられ,市町や,農業協同組合の支援が必要不可欠です。

市民農園の基礎知識のイメージ図

△戻る

市民農園の種類

 市民農園の種類を大きく分類すると次のようになります。
市民農園の基礎知識のイメージ図
  農地の借り方は法に基づく特定農地貸付けと,農園利用方式と呼ばれる,入場料を取って農業体験をしてもらう方法があります。

 施設整備を伴う場合には市民農園整備促進法を利用すると,資金の確保や融通のあっせん,農地法の転用許可が不要になる等のメリットがあります。
 詳しくは「市民農園を作るために守ること」をご覧ください

 

 

関連情報

 

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする