ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和元年度講座・講演会の御案内

令和元年度 「頼山陽史跡資料館連続講座」の御案内

<掛軸礼賛(かけじくらいさん)~作品鑑賞,はじめの一歩~>
1 趣旨
 頼山陽をはじめとする近世の文人や近代の書画家の多くの作品は,掛軸に仕立てられて床の間に飾られ,暮らしを彩ってきました。
 今回は,書画作品を鑑賞するための第一歩として,当館の風情ある茶室を会場として,実際の作品を目の前に,掛軸の基本から鑑賞のポイント,表装の話などを楽しく学んでいただきます。
 ※印刷用データはこちらからどうぞ:令和元年度連続講座の開催案内 (PDFファイル)(1020KB)
2 主催
 頼山陽史跡資料館(広島県立歴史博物館分館)
3 講座の日程・内容・講師など

区分 月日 講義内容 講師
第1回 6月15日(土) 掛軸の扱い方 当館学芸員
第2回 7月13日(土) 表具のはなし 淀渕 正信(京表装 表具師)
第3回 9月21日(土) 頼山陽の書を味わう 日比野 貞勝(広島文教大学名誉教授)
第4回 11月9日(土) 山水画の魅力 岡原 大崋(南宗画士)
第5回 2月1日(土) 南画への招待 当館学芸員

4 会場
 広島市中区袋町5-15
 頼山陽史跡資料館 茶室
5 時間
 午前10時30分~正午
6 定員
 各回20名(申込先着順)
※各回とも定員に達したため,応募を締め切りました。
※椅子がありますので,畳に座るのが難しい方も安心して御参加ください。
7 受講料
 無料

平成30年度の実施概要
平成29年度の実施概要
平成28年度の実施概要
平成27年度の実施概要

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする