ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

幼児教育-幼保小連携教育

トップページ教育・保育内容子育て支援研修情報幼保小連携教育幼児教育アドバイザー

幼保小接続カリキュラム実践事例集

 平成29年3月,「幼保小接続カリキュラム実践事例集」を作成し,県内全ての幼稚園・保育所・認定こども園,小学校に配布いたしました。

 これは,平成27年度から2年間,県内5地域(広島市,廿日市市,熊野町,安芸高田市,三原市)を指定して研究・開発した幼保小接続カリキュラムについての具体的な取組や,本県の幼保小接続カリキュラムに係る考え方などについてまとめ,どのように接続カリキュラムを創っていけばよいかかを示したものです。

 子供達が持っている力をのびのびと発揮し,新しい生活を主体的に創り上げていくことができるように,それぞれの地域の実態に応じて,この事例集を活用しながら,できるところから幼保小の連携に取り組んでみてください。

 研究指定地域の実践事例※1年間のカリキュラムに【事例〇】として示しているものを,具体的実践事例として掲載しています。

   

実践事例1

 三原市立幸崎小学校区

実践事例2

 安芸高田市立甲立小学校区

実践事例3

 廿日市市立友和小学校区

実践事例4

 広島市立落合東小学校区

実践事例5

 熊野町

参考

リンク集

文部科学省

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする