このページの本文へ
ページの先頭です。

採用担当者からのメッセージ

印刷用ページを表示する掲載日2020年5月19日

≪令和2年度版≫

総務局人事課

 広島県では,平成30年7月豪雨で被災された県民の皆様の一日も早い日常の回復に向けて,「平成30年7月豪雨災害からの復旧・復興プラン」に基づき,「安心を共に支え合う暮らしの創生」「未来に挑戦する産業基盤の創生」「将来に向けた強靭なインフラの創生」「新たな防災対策を支える人の創生」の4つの柱により,速やかな復旧・復興に全力で取り組み,単なる原状復旧に留まらない創造的復興による新たな広島県づくりを推進しています。
 また,「ひろしま未来チャレンジビジョン」の目指す姿である「欲張りなライフスタイル」の実現に向けては,これまで取り組んできた施策を着実に進めるとともに,とりわけ,急速に開発が進むデジタル化社会の到来などの新たな社会潮流や,新型コロナウイルス感染症の拡大による様々な社会環境の変化にも的確に対応していく必要があります。
 広島県では,地域の価値を高めるために情熱を燃やし,リスクや障壁があっても,失敗を恐れず,果敢にチャレンジできる人材を求めています。
 将来にわたって,「広島に生まれ,育ち,住み,働いて良かった」と心から思える広島県を実現しようという強い志を持つあなたの応募をお待ちしています。

教育委員会総務課

本県では,平成26年12月に策定した広島版「学びの変革」アクション・プランに基づき,生涯にわたって主体的に学び続け,多様な人々と協働して新たな価値を創造することのできる人材の育成を目指した教育を進めています。
 今年度は,「学びの変革」を更に加速させるため,ICTを基盤とする環境整備による探究的な学習活動を充実させることとし,県立高等学校における一人1台のPC端末導入を進めています。ICTを効果的に活用することにより,自ら新しい価値を作り出す力や多様な他者と協働できる力など,これからの変化の激しい社会を生き抜くことのできる資質・能力の育成に取り組みます。
 また,子供たち一人一人の学習進度や能力・関心に応じた個別最適な学びを実現するため,イエナプラン教育やEdTechなどの実践事例を取り入れた実証研究を行うとともに,家庭の経済的事情等にかかわらず,全ての子供の能力と可能性を最大限高められるよう,多様な児童生徒に対応した学びの選択肢の提供に向けて,不登校等児童生徒への支援や外国人児童生徒への教育の充実を図っていきます。
 子供たちを取り巻く環境が急激に変化する中で,今後,教育行政が果たすべき役割は,ますます大きくなっていきます。
 広島県教育委員会では,主体的に学び,主体的に行動し,新たなものに積極的に挑戦する人材を求めています。
 日本一の教育県を実現するため,意欲あふれる皆さんの応募をお待ちしております

警察本部警務課

 広島県警察は,「めざそう!安全・安心・日本一」ひろしまアクション・プランの推進を中心として,犯罪や交通事故の抑止など県民と協働・連携した様々な取組をすることで,日本一安全・安心な広島県の実現を目指しています。そのため、常に県民目線に立ち,安全を脅かす犯罪に毅然と立ち向かう正義感と信念を持った警察官を必要としています。
 また,会計事務や職員の福利厚生事務,専門性の高い鑑識業務やシステム開発の業務等,警察組織の運営を通して,県民の安全・安心を守る警察事務職員,その他専門業務職員も必要としています。
 県民が安全・安心を実感できる広島県を実現しようという熱意のある方の応募をお待ちしております。

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする