このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県職員の行動理念

印刷用ページを表示する掲載日2022年5月1日

広島県職員の行動理念について

私たちの使命

湯崎知事の写真

 私たちの使命は,県民の信頼と負託をすべての出発点とし,社会を構成する様々な主体と連携しつつ,地域社会全体の価値を高め,発展させ,将来にわたって,広島に生まれ,育ち,住み,働いて良かったと心から思える広島県を実現していくことです。

私たちの価値観と行動指針

私たちは,広島県を愛し,誇りを持ちます。

私たちは,県民のために存在します。

私たちは,高い志と責任感を持って誠実に行動します。3つの視座

私たちは,率直かつ積極的に対話します。

私たちは,現実を直視し,変化に対応します。 

私たちは,変革を追求し続けます。3つの心掛け

私たちは,成果にこだわり続けます。

 

行動理念とビジョン

行動理念実現に向けた戦略

行動理念などに沿った優良な行動事例(令和4年3月分)

私たちの価値観と
行動指針

行 動 事 例

該当
所属

私たちは,変化を追求し続けます。

私たちは,成果にこだわり続けます。

[3つの視座] 
県民起点
現場主義
予算志向から成果志向への転換

[3つの心掛け]
卓越
スピード

【局間連携による学校のニーズに寄り添う防災教育の取組】

〇 これまで危機管理監と土木建築局で個別に実施していた小学校における防災出前講座について,学校側では「違いが分かりづらい」と混乱が生じていた。

〇 そこで,学校の立場に配慮した講座に改善するため,内容を体系的に整理するとともに,窓口の一本化を図り,学校からの申込み受け付けを含め,実施・運営における円滑化・効率化を図った。

〇 あわせて,各課の取組の特色を生かしつつ,複数の講座を組み合わせた実施を可能とすることで,学校側の多様なニーズに対応するバリエーション豊富なコースを設定したカタログを制作し,小学校が申し込みやすい体系とした。

危機管理監

みんなで減災推進課

土木建築局

河川課

砂防課

私たちは,率直かつ積極的に対話します。

私たちは,現実を直視し,変化に対応します。

私たちは,変革を追求し続けます。

[3つの視座] 
予算志向から成果志向への転換

[3つの心掛け]
卓越
リーダーシップ

【産婦健診・産後ケアによる妊産婦のメンタルケア体制の確立】

〇 コロナ禍で産後うつなど妊産婦の心身の不調が増える中,出産後の心身の状態をチェックする「産婦健診」は受けられる医療機関が限られており,また心身の不調を抱える産婦のケアを行う「産後ケア事業」は利用料が高いことから,両事業とも利用が低迷していた。

〇 そこで,各市町の事業実施上の課題を把握し,市町が個別に医療機関と契約するのではなく,県全体で県医師会等との調整を進め,県内どの医療機関で産婦健診を受けても費用負担が軽減される体制を構築した。

〇また,市町の状況に応じたきめ細かなサポートを行い,全市町での事業実施を実現した。

健康福祉局

子供未来応援課

【県立広島病院理念】
県民の皆様に愛され信頼される病院をめざします。

私たちは,現実を直視し,変化に対応します。

私たちは,変革を追求し続けます。

私たちは,成果にこだわり続けます。

[3つの視座] 
現場主義
予算志向から成果志向への転換

[3つの心掛け]
スピード

【手術時の使用薬剤管理における麻酔科医師による伝票記載業務の廃止に関する取組】

〇 手術中の薬剤使用数量の確認のため,麻酔科医師は電子カルテへの使用薬剤の入力に加え伝票記載も行っていた。

〇 一見して医師の業務が重複するこの運用に薬剤科の千同主任が着目し,現行ルールを整理の上,医師との協働・試行錯誤を経て,これに代わる運用ルールを作り,受け入れられるに至った。

〇 これにより,医師の伝票記載業務を廃止等することができ,業務負担の軽減,使用していた紙資源の削減等につながった。

病院事業局

広島病院薬剤科

関連リンク

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする