このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県職員の行動理念

印刷用ページを表示する掲載日2019年9月26日

広島県職員の行動理念について

私たちの使命

湯崎知事の写真

 私たちの使命は,県民の信頼と負託をすべての出発点とし,社会を構成する様々な主体と連携しつつ,地域社会全体の価値を高め,発展させ,将来にわたって,広島に生まれ,育ち,住み,働いて良かったと心から思える広島県を実現していくことです。

私たちの価値観と行動指針

私たちは,広島県を愛し,誇りを持ちます。

私たちは,県民のために存在します。

私たちは,高い志と責任感を持って誠実に行動します。

私たちは,率直かつ積極的に対話します。

3つの視座

私たちは,現実を直視し,変化に対応します。 

私たちは,変革を追求し続けます。

私たちは,成果にこだわり続けます。

3つの心掛け

  行動理念とビジョン

行動理念とビジョンについて

 

行動理念などに沿った優良な行動事例 (令和元年7月分)

私たちの価値観と
行動指針

行 動 事 例

該当
所属

私たちは,
県民のために
存在します。

私たちは
現実を直視し,
変化に対応します。

私たちは,
成果にこだわり
続けます。

[3つの視座]
県民起点
現場主義
予算志向から成果志向への転換

[3つの心掛け]
卓越

【柔軟な発想による特許技術移転方針の転換と製品化支援の取組】

○ 画期的な技術を開発し,特許を取得したアスパラガス栽培について,従来の生産者への技術移転では,直接県と煩雑なライセンス契約を交わす必要があったが,生産者視点での発想に転換し,「本技術を実現する器具を製品化すれば,生産者は器具を購入するだけで技術が活用でき,普及が促進されるのではないか」と着想した。

○ 製品化に当たって,より効果的に本技術を生産者に使ってもらうためには,現場の声を取り入れる必要があると考え,実証試験を通じて,使い心地などの意見を聞き取り,取扱説明書への反映を行った。

経営戦略審議官

総合技術研究所

農業技術センター

企画部

私たちは,
県民のために
存在します。

私たちは
現実を直視し,
変化に対応します。

私たちは,
変革を追及し続けます。

私たちは,
成果にこだわり
続けます。

[3つの視座]
県民起点
現場主義
予算志向から成果志向への転換

[3つの心掛け]
リーダーシップ

【平成30年7月豪雨災害からの復旧に関する円滑な実施に向けた取組】

○ 被災から1年,被災され不安を抱えられている地域住民の方へ進捗状況等を広く浸透させるため,地域防災活動をされる方と連携・協力する中で,災害の復旧・復興取組状況を地域に広報することが地域住民の不安感の解消になると考え,地域に粘り強く働きかけ,地域のホームページや地域のメールを活用した情報発信を行うとともに,地域のかわら版として広報紙を独自に作成した。

○ 県内最多の災害復旧工事に対する住民からのお問い合わせ,担当者不在時の対応,対応時間縮減のため,市と連携し情報共有を図るとともに膨大な査定設計書の管理方法等を課内ミーティングを通じて検討し,迅速な対応に努めた。

土木
建築局

西部建設事務所

東広島
支所

工務
第一課

関連リンク

ひろしま未来チャレンジビジョン

欲張りなライフスタイルの実現

県政運営の基本方針2016

こちら広報課

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする