このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県立文書館 利用案内

印刷用ページを表示する掲載日2019年5月7日

利用案内リーフレット

利用案内1 利用案内2

利用手続

利用券の交付

  • 書庫にある収蔵資料を利用するには利用券が必要です。

利用券

文書館利用券交付申請書に
必要事項を記入⇒カウンターに提出
利用券交付申請書 様式 
(PDFファイル)(62KB)  (Wordファイル)(23KB) 
 ↓
■利用券の交付(利用券は1年間有効

◆利用券の交付を受ける際には,本人確認できるもの(免許証等)を御持参ください。

利用したい資料を探す

  • 閲覧室に備え付けの目録をお使いください。
  • 収蔵資料の概要は,ホームページの「収蔵資料」で紹介しています。また,目録PDFを掲載している資料もありますので,そちらもご覧ください。
  • カウンターでは職員によるパソコン検索も行なっています。利用したい資料が見つからない時はご相談ください。
     ↓

資料が見つかったら

  • 所定の申請書に必要事項を記入して,利用券と一緒にカウンターに提出してください。

閲覧する場合

●文書等閲覧申請書に必要事項を記入⇒カウンターに提出
閲覧申請書 様式  (PDFファイル)(50KB)   (Wordファイル)(29KB)

  • 資料によっては特別閲覧票が必要なものもあります。
  • 古文書のうち,寄託文書については,所有者との使用貸借契約が成立していない場合,現時点では閲覧利用できません。古文書で御確認ください。
  • 行政文書については,申請後に閲覧可否の審査をするため,すぐに利用できない場合があります。

複写する場合

●文書等複写申請書に必要事項を記入⇒カウンターに提出
複写申請書 様式  (PDFファイル)(73KB)   (Wordファイル)(21KB)
●複写料金は1枚10円

  • コピーできるのは複製資料と図書に限ります。古文書等の複写を希望する場合は,カメラを持参のうえ,御自分で撮影してください。
  • コピーの郵送を希望する場合,送料は実費を負担していただきます。
  • 収蔵資料の中には,複写が認められていないものや,所蔵者の許可が必要なものがあります。詳しくはカウンターにお尋ねください。

出版物等に収蔵文書を掲載する場合

団体・機関等で館外へ借り出す場合

  • 文書等館外貸出申請書に必要事項を記入して,文書館に提出してください。
     館外貸出申請書 様式  (PDFファイル)(44KB)   (Wordファイル)(27KB)
  • 収蔵資料の個人への貸出は行っていません。
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする