このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県立文書館だより(41~最新号)

印刷用ページを表示する掲載日2021年5月20日

 『広島県立文書館だより』は,文書館の広報誌として毎年発行しています。

 文書館だよりでは,広島県の行政文書や県内の古文書に関する情報・記事・寄稿文のほか,新たに収集・公開した資料の紹介,催し物・刊行物のお知らせなどを掲載しています。 PDFマークをクリックするとPDFで閲覧できます(号によってサイズが異なりますので確認して下さい)。

最新号 第45号〔令和3年3月〕

新型コロナウイルス感染症への対応 平岡 典昭 (館長)
収蔵文書展に寄せて 二つの広島県庁舎-戦前と戦後- 荒木 清二(当館職員)
《閲覧室から》「広島県立文書館データベースシステム」(デジタルアーカイブ)の公開 荒木 清二(当館職員)
令和元年度に収集した古文書  
令和元年度の主なできごと  

PDF第45号PDF(9.5MB)

第44号〔令和2年3月〕

旧陸軍被服支廠に関する収蔵資料 荒木 清二(当館職員)
【寄稿】ご先祖と出会う喜び-私の文書館活用法- 熊野 良樹
収蔵文書展に寄せて 八木・緑井の歴史と災害を語る文書 西向 宏介(当館職員)
《閲覧室から》新聞資料と閲覧室のリニューアル  
平成三十年度に収集した古文書  
平成三十年度の主なできごと  

PDF第44号PDF(1.2MB)

 

第43号〔平成31年3月〕

開館三十周年を迎えた県立文書館 広島県立文書館長 角 正明
平成二十九年度に収集した古文書(1)  
収蔵文書展に寄せて 広島藩士が家宝にした文書とは 西村 晃(当館職員)
広島県立文書館30年のあゆみ  
文書館の仕事19 被災文書の救出と保全活動 下向井 祐子(当館職員)
平成二十九年度に収集した古文書(2)  
平成29年度の主なできごと  

PDF第43号PDF(12.2MB)

第42号〔平成30年3月〕

国鉄宇品線の行政文書と写真資料 西向 宏介(当館職員)
文書調査員の仕事 文書調査員 折田 恵子
文書調査員制度について  
収蔵文書展に寄せて 日記から歴史を読みとる 西村 晃(当館職員)
文書館の仕事18 書庫に発生したカビへの対処と保存環境改善 下向井 祐子(当館職員)
平成28年度に収集した古文書  
平成28年度の主なできごと  

PDF 第42号PDF(2.63MB)

第41号〔平成29年3月〕

学校資料の移管と収集 三浦 豊(当館職員)
広島県全域航空写真―森林管理に利用された航空写真―

学習院大学大学院アーカイブズ学専攻
千代田裕子

収蔵文書展によせて 三江線全通への道 西向宏介(当館職員)
文書館の仕事17 受入れ古文書の整理 西村 晃・下向井祐子(当館職員)
平成27年度に収集した古文書  
平成27年度の主なできごと  

PDF 第41号PDF(2.25MB)

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする