このページの本文へ
ページの先頭です。

常設展示

印刷用ページを表示する掲載日2020年1月22日

常設展示について

 展示室内の固定展示ケース内の文字パネルで,古文書の紙の使い方(堅紙・折紙・切紙)や,文書の差出者が,自分の出した文書であることを証明するサイン(花押)と印章,受取人の宛名書きでの敬意の払い方について説明しています。

 現在展示している常設展示の小テーマは次のとおりです。

  • 古文書の紙の使い方・折り方
  • 花押・印章
  • 宛名と敬意・脇付

常設展示1常設展示2

 常設展示では,文字パネルのほか,テーマに沿った資料原本の展示「収蔵文書の紹介展」を同時に開催しています。

 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする