ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県高等学校教育研究会 総合的な学習の時間部会

広島県高等学校教育研究会 総合的な学習の時間部会の画像 

 会長 竹志 幸洋(広島県立御調高等学校)

 事務担当 金川 絵里子

 連絡先 0848-76-2121

組織

会則

研究の目標等

1 各学校の「総合的な学習の時間」の取組状況等に係る実態把握

 ●評価指標:部会員の所属する学校に対して,「総合的な学習の時間」の取組状況等について,アンケート調査を行っている。
   H29実績値 69.3%  H29目標値 100%

 ●アンケートのデータや資料(現行学習指導要領,次期学習指導要領に係るワーキンググループにおける審議取りまとめ)等
    を基に,分析できている。

2 個々の教員の資質・能力の向上

 ●部会員が,部会に係る研究大会や公開研究授業,研修会に参加している。
   H29実績値 53.5%   H29目標値 60%
 ●部会員が所属する学校において,総合的な学習の時間等に関する研究授業や成果発表会を実施している。
   H29実績値 86%    H29目標値 60%

研究の内容及び方法

県内各校の取組の改善に役立て,県全体の「総合的な学習の時間」の充実に資する。
 1  各校の実態把握を行うため,アンケート調査を行う。その情報を基に,役員会や研修会等で各校の現状分析を行って課題
   等を見出し,研究計画を作成する。
 2  研究計画に基づいて,各校における授業実践を進める。役員会や研修会等を通じて,学習指導要領等の整理,アンケート
   のデータ等の収集及び整理・分析を行う。
 3  特徴的な取組を実践している学校には,研究大会や研修会の場での実践発表を促す。
 4  公開研究授業を行い,総合的な学習の時間についての研究協議を行うことで,日々の授業の実践についての研究を促進
   する。
 5  研修会等を実施し,平成29年度の取組の分析を行い,成果と課題を整理する。その成果と課題を踏まえ,来年度の計画を
   立て,実践を行う。
 6  平成30年度についても,これまでと同様に分析・整理等を行い,授業実践を進めていく。

具体的な研究活動

1 「総合的な学習の時間」部会総会及び研究大会

(1)日時-平成29年8月30日(水)14:30~16:40
(2)場所-広島県立御調高等学校 多目的教室
(3)総会-
    平成28年度研究活動報告,決算報告,監査報告の承認
    平成29年度活動計画・事業計画,平成29年度収支予算案の承認
(4)研究大会 福山大学人間文化学部人間文化学科 小原 友行 教授
    演題:『次期学習指導要領の改訂を踏まえた総合的な学習の時間の在り方』
(5)参加者数-15名(委任状-29名分) 

2 「総合的な学習の時間」部会研修会

第1回
(1)日時-平成30年1月18日(木) 8:55~15:30
(2)場所-広島県立高陽東高等学校
(3)内容-総合的な学習の時間の「生徒発表会」
    講話 広島県教育委員会 高校教育指導課 菊森 大治 指導主事
(4)参加者数-7名

第2回
(1)日時-平成30年2月9日(金)15:40~16:40
(2)場所-尾道市御調文化会館
(3)講演 広島大学大学院教育学研究科初等カリキュラム開発講座 永田 忠道 准教授
    演題:『地域に開かれた教育課程の創造~地域と連携した総合的な学習の時間の在り方について~』
(4)参加者数-10名
(5)内容
    ・「大崎海星高校魅力化プロジェクト」に関わっておられる地域コーディネーターの取釜宏行氏から,地域や大崎海星高校
    への想い,活動内容,今後の展望等について講演をいただきました。

3 公開研究授業

第1回
(1)期日-平成29年10月26日(木)
(2)場所-広島県立御調高等学校
(3)内容-教科等-総合的な学習の時間 まなびのとびら
    授業者-広島県立御調高等学校
    (澄川 昭 教諭,中山 佳奈子 教諭,柴田 深月 教諭,森川 慎平 教諭,水田 敏宏 教諭,
    小川 直文 教諭,川之上 翔子 教諭,深川 記代美 教諭,荒木 恵美子 教諭,矢野 恵里 教諭)
    指導・助言者-
    広島大学大学院教育学研究科 永田 忠道 准教授
    広島県教育委員会 高校教育指導課 高林 賢治 指導主事
(4)参加者数-25名
(5)成果
    生徒が情報を分析し,自ら課題を発見して,その解決策を探る学習活動を進める上で,生徒に身に付けさせたい能力・態度
    を明確にした単元指導計画を立てていました。身に付けさせたい能力・態度を育成するために有効と思われる発問・相互作用・
    振り返りを考える上で参考になりました。

第2回
(1)期日-平成30年2月9日(金)
(2)場所-尾道市御調文化会館
(3)内容-総合的な学習の時間「まなびのとびら」中高合同発表会
    助言者-
    広島大学大学院教育学研究科 永田 忠道 准教授
    広島県教育委員会 高校教育指導課 高林 賢治 指導主事
(4)参加者数-13名
(5)成果
    広島県が進めているコンピテンシーを重視した取組は,次期学習指導要領と同じ方向性であり,総合的な学習の時間を
    積極的に取り組んでいくことの重要性を学ぶことができた。

研究成果

・研究紀要 部会誌「学究心第14号」の刊行・配布(来年度配布予定)
・広島県教育委員会HPへ掲載

その他

参考:前年度の研究成果

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする