ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県高等学校教育研究会 国際教育部会

国際教育 
会長 船倉 功(広島県立福山明王台高等学校)

事務担当 小森 勉

連絡先 084-952-1110

組織

会則

研究の目標等

  国際教育に関し,広島県教育委員会の指導のもとに,学習指導要領等の法令に則って自主的・創造的な教育研究活動を行い,本県高等学校,特別支援学校及び高等専門学校教育関係者の資質向上と学校教育の振興を図ることを目的とする。
  本部会の研修会及び研究大会に部会員が積極的に参加するとともに,その成果を部会員が実感でき,部会員が各所属校における異文化間協働活動を効果的に行うことができるようになることを目標とする。

研究主題

「コンピテンシーの育成を目指した異文化間協働活動の在り方」を研究主題として,次の1~5のねらいに資する「異文化間協働活動」の在り方について研修及び実践発表・研究協議等を行う。
  1 自国(地域)文化等の理解を踏まえた自己の確立(アイデンティティの確立)
  2 異文化の理解等を踏まえた地球的視野の獲得(グローバルマインドの涵養)
  3 実践的コミュニケーション能力の育成
  4 社会の持続可能性に資する資質・能力の育成(特に多様な他者と協働する力の育成)
  5 主体性・積極性(発信力・行動力)の育成

 具体的な研究活動

 1 総会及び研修会

  (1) 日時 未定 (平成30年8月で検討中)
  (2) 場所 未定
  (3) 内容
     1  総会
     2  研修会(講演)
     3 研究協議(グループワーク)

2 研究大会

 (1) 日時 未定 (平成30年10月で検討中)
 (2) 場所 未定
 (3) 内容
     1  未定 (講演または講義,実践発表等)
     2  研究協議(グループワーク)

研究成果

その他

参考:前年度の研究成果

  8月の研修会で広島大学大学院国際協力研究科 平川幸子准教授に「グローバル社会に求められる資質・能力」というテーマで講演をしていただき,その後4つのグループに分かれてグループ協議を行った。グループ協議で各校の取組や直面している課題等について活発な議論が行われ,情報交換ができて非常に参考になったという意見が多かった。
  10月の研究大会に向けてアンケート調査を実施することを予定していたが,学びの変革推進課から海外留学と海外姉妹校等交流等に係る調査が実施されたこともあり,今年度は実施しないこととした。
  10月に開催した研究大会は,広島大学大学院国際教育研究科を会場にさせていただいて,8月の総会・研修会での御講演に引き続き平川幸子先生の御厚意で実際の講義に参加させていただくとともに研究協議を行うことができた。
  これまでも総会・研修会と研究大会での研究協議ではグループに分かれて熱心な議論と実践交流が行われてきたが,今年度は海外からの留学生が受講する講義に参加させていただいて,参加者自身が国際交流を実践できたことは画期的なことであった。平成30年度からの「学びの変革」全県展開に向けて,参加した会員が,各校における国際教育に係る教育活動の在り方と共に,教員自身が主体的な学習者として学び続けていくことの大切さを考える機会となった。

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする