ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県高等学校教育研究会 家庭科部会

広島県高等学校教育研究会 家庭科部会の画像

 会長 溝上 健文(広島県立海田高等学校)

 事務担当 中村 里佳

 連絡先 082-822-3030

リストマーク組織

リストマーク会則

 研究の目標等

(今年度の研究による達成目標・評価指標・達成基準)
   生徒が自ら課題を発見し解決できる力を育むために,主体的な学びにつながる家庭科の授業づくりと評価の工夫について研究する。
達成目標 評価指標

H29目標値

H29実績値
(1)教員の資質向上を図る。 主体的な学びを育む授業づくりに関する研修会や講演会,研究授業に参加した加盟校の割合。 75.0% 89.6%
(2)実践事例を基に指導方法と評価について研究する。 各地区で主体的な学びを育む授業づくりを意図した学習指導案や教材等を持ち寄り,指導方法と評価の工夫について検討した加盟校の割合。 62.0% 70.1%
(3)生徒が自ら課題を発見し,解決できる力を育む。 各加盟校において,主体的な学びを育むための学習指導案を作成し,授業を実施した加盟校の割合。「課題発見・解決学習を意図した授業」 73.0% 77.9%
(4)評価の妥当性を高める。 1 主体的な学びを育む授業を実施後,生徒の課題意識や行動の変容について評価をした加盟校の割合。 85.0% 81.7%
2 1において,評価をした加盟校の内,授業を実施後60%以上の生徒が評価規準を満たした加盟校の割合。 94.0% 83.7%
3 1において,評価結果を授業改善に生かした加盟校の割合。 96.0% 89.8%

  研究の内容及び方法

(1)主体的な学びを育む授業づくりに関する研修会や講演会を開催する。
(2)各地区で主体的な学びを育む授業づくりを意図した学習指導案や教材等を持ち寄り,指導方法と評価の工夫について検討する。
(3)各地区の公開研究授業等において,主体的な学びを育むための学習指導案を作成し,公開研究授業を実施する。
(4)加盟校において,主体的な学びを育むための授業を実施する。
(5)(4)で実施した後,授業の目標に対する生徒の学習の到達状況から生徒の変容を評価することにより,評価の妥当性を検証する。

 具体的な研究活動

1 研究大会

1 研究大会
(1) 期日:平成29年7月28日(金曜日)
(2) 場所:広島市安芸区民文化センター
(3) 内容
ア 講演
・ 演題:「保育技術検定の評価について」
・ 講師:
(財)全国高等学校家庭科教育振興会
全国高等学校家庭科保育技術検定委員会
事務局 永原 邦代 氏,保育本部役員 上田 純子 氏,山本 昌子 氏
イ 指導・講評
「家庭科における主体的な学びにつながる授業づくりと評価の見取りについて」
広島県教育委員会高校教育指導課 藤田 春恵 指導主事
(4)成果:本講演は, 保育検定認定講習会を兼ねており,保育技術検定の評価について,具体的な事例を基に保育検定4種目のそれぞれの評価規準や評価方法について研修することができ,指導力向上に大変有効であった。また,パフォーマンス課題と評価指標を検討する上でも大いに参考になり,多くの示唆を得ることができた。
(5)参加者数:73名

2 各地区研修会

(1)三次地区
ア 期日:平成29年7月31日(月)
イ 場所:広島県立庄原格致高等学校
ウ 内容
・テーマ:「高等学校家庭科における『衣生活』の指導について」
・講師:広島県教育委員会高校教育指導課 藤田 春恵 指導主事
エ 成果:衣生活の領域を事例に複数の題材を組み合わせて授業を構成する必要性について改めて考えることができた。
オ 参加者数:6名

(2)広島東地区
ア 期日:平成29年8月1日(火)
イ 場所:広島酔心調理製菓専門学校
ウ 内容
・テーマ:「和食の良さを感じられる実習」
・講師:広島酔心調理製菓専門学校 加藤 芳隆 氏
エ 成果:手打ちうどん,てんぷらの研修内容は,実験実習に活用しやすく,小麦の調理特性を理解させるうえで効果的であった。
オ 参加者数:10名

(3)呉地区
ア 期日:平成29年8月2日(水)
イ 場所:広島県立呉三津田高等学校
ウ 内容
・テーマ:「スポーツをしている高校生へ向けたスポーツ栄養学」
・講師:広島国際大学 医療栄養学部長 八木 典子 氏
エ 成果:スポーツをしている高校生へのスポーツ栄養学を学ぶことができ,授業や部活動などへすぐに活用できる内容であり,また具体例や調査資料をもとに専門的な内容を学ぶことができた。
オ 参加者数:6名
(4)福山地区
ア 期日:平成29年8月2日(水)
イ 場所:穴吹調理製菓専門学校
ウ 内容
・テーマ:「調理実習で活用できるデザート(2品:ウッフ・アラネージュ,ラングドシャ)」
・講 師:穴吹調理製菓専門学校 西洋料理専門調理師 大原 一郎 氏
エ 成果:調理実習で活用しやすい内容で,研究協議では各校の実践例を用いて協議が深まった。
オ 参加者数:17名

(5)広島西地区
ア 期日:平成29年8月4日(金)
イ 場所:増田製粉株式会社・広島県立広島井口高等学校
ウ 内容
・テーマ:「米粉の特性を学び、授業に活用する研究について」
  ・講師:学校法人 広島文化学園大学・広島文化学園短期大学 准教授 烏田いずみ 氏
エ 成果:米粉の特徴を理解しやすく,実験実習等で活用しやすい内容であった。また,研究協議では、各校での取組を情報交換することにより,生徒の主体的な学びにつながる指導方法等,生徒の実態に合わせて実践につなげていくことができる内容となり有意義な研修会になった。
オ 参加者数:12名


(6)尾三地区
ア 期日:平成29年8月10日(木曜日)
イ 場所:道の駅たけはら・町並み保存地区子育て住宅Vila(ヴィラ)S&C・竹原市役所
ウ 内容
・テーマ:「子育てしやすい地域に調和した住宅と町並み保存地区の比較について」
・講師:
たけはら観光ガイド 鈴川律江 氏
竹原市建設部 都市整備課住宅建築係主事 主事 松崎 理恵 氏
エ 成果:竹原市内の観光名所にもなっている町並み保存地区の住宅構造の住宅を見学し,塩田で栄えた豪商の商家の造りのすばらしさや「竹原格子」という独特の格子戸や土壁の家のうだつなど昔ながらのつくりが丁寧に保存されているところを見ることができた。また,近所づきあいや家族のコミュニケーションの取りやすい工夫がされていることが分かった。
オ 参加者数:8名

この記事をシェアする