ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県高等学校教育研究会 家庭科部会

広島県高等学校教育研究会 家庭科部会の画像

 会長 冨永 六郎(広島県立海田高等学校)

 事務担当 真鍋 孝子(広島県立海田高等学校)

 連絡先 082-822-3030(広島県立海田高等学校)

リストマーク組織

リストマーク会則

 研究の目標等

主体的・対話的で深い学びに向かう生徒を育成する家庭科の授業づくりと評価の工夫について研究する。

達成目標 評価指標 R1
目標値
R1
実績値
(1)教員の資質向上を図る。   主体的・対話的で深い学びを育む授業づくりに関する研修会や講演会,研究授業に参加した加盟校の割合 90.0% 89.0%
(2)実践事例を基に指導方法と評価について研究する。  各地区で主体的・対話的で深い学びを育む授業づくりを意図した学習指導案や教材等を持ち寄り,指導方法と評価の工夫について検討した加盟校の割合 75.0% 73.0%
(3)主体的・対話的で深い学びに向かう生徒を育成する。  各加盟校において,主体的・対話的で深い学びを育む授業の学習指導案を作成し,授業を実施した加盟校の割合
 「課題発見・解決学習を意図した授業」
78.0% 65.9%
(4)評価の妥当性を高める。

ア:主体的・対話的で深い学びを育む授業を実施後,生徒の課題意識や行動の変容について評価をした加盟校の割合

85.0% 77.8%
イ:アにおいて,評価をした加盟校の内,授業を実施後60%の以上の生徒が評価規準を満たした加盟校の割合 85.0% 97.6%
ウ:アにおいて,評価結果を授業改善に生かした加盟校の割合 90.0% 90.5%

  研究の内容及び方法

(1)主体的・対話的で深い学びを育む授業づくりに関する研修会や講演会を開催します。
(2)各地区で主体的・対話的で深い学びを育む授業づくりを意図した学習指導案や教材等を持ち寄り,指導方法と評価の工夫について検討します。
(3)各地区の公開研究授業等において,主体的・対話的で深い学びを育む授業の学習指導案を作成し,公開研究授業を実施します。
(4)加盟校において,主体的・対話的で深い学びを育む授業を実施します。
(5)(4)で実施した後,授業の目標に対する生徒の学習の到達状況から生徒の変容を評価することにより,評価の妥当性を検証します。

 具体的な研究活動

1  研究大会

1 令和元年度家庭科部会 研究大会
(1)期日:令和元年7月26日(金)
(2)場所:安芸区民文化センター
(3)内容:消費者教育指導者研修会(広島県消費生活課との連携による)
・講演「これからの消費者教育に求められること~徳島県の実践から~」
・演習「『社会への扉』を活用した授業づくり」
・講師:徳島県危機管理部消費者くらし安全局消費者くらし政策課 課長補佐 加茂直子
(4)成果:徳島県の消費者教育の取組の講演の後,「社会への扉」を用い,
                  契約,お金,安全の3分野の視点から19グループで学習指導案作成に取り組みました。
                  作成後,ポスターセッションによる全グループ間での交流・共有により,
                  授業展開を考える上での新たな視点や活用方法など実践に繋がるものとなりました。
(5)参加者数:86名〔昨年度:豪雨災害のため開催中止〕

2  各地区研修会

(1)広島西地区
ア 期日:令和元年8月2日(金)
イ 場所:広島県立廿日市高等学校
ウ 内容 テーマ:「誤嚥予防と安全で食べ易い食事介助の実際」
    講 師:日本赤十字広島看護大学 名誉教授 迫田綾子
エ 成果:高齢者の食事介助について,実演を交えた実践的な内容で理解が深まりました。
              生徒が自分にもできると思える授業に繋がる内容となりました。
オ 参加者数:10名
(2)福山地区
ア 期日:令和元年8月2日(金)
イ 場所:広島県立松永高等学校
ウ 内容 テーマ:「高齢者の生活とアロマテラピー」
    講 師:ラームナテュレル アロマインストラクター 茂野佳子
エ 成果:「香り」という視点から高齢者の生活について考えることができました。
               認知症予防や改善への一助として注目されていることは大変興味深く,研修を進めることができました。
オ 参加者数:11名
(3)呉地区
ア 期日:令和元年8月5日(月)
イ 場所:広島国際大学呉キャンパス
ウ 内容 テーマ:「高齢者の栄養管理~健康寿命を延ばす食事を考えましょう!~」
    講 師:広島国際大学医療栄養学部医療栄養学科 教授 旭 久美子,教授 木村要子
エ 成果:栄養アセスメントを通して身体の状態を理解し,
              栄養改善目標の設定・発表まで行う研修は,自分の食事について客観的に見直し,
              学び合うよい機会になりました。授業においても生徒が自分のデータを使用することで,
              より主体的な学びに繋がる授業づくりに活かせると感じました。
オ 参加者数:9名

(4)三次地区
ア 期日:令和元年8月5日(月)
イ 場所:広島県立日彰館高等学校
ウ 内容 テーマ:「弁護士と消費者教育」
    講 師:板根富規法律事務所 弁護士 今岡慶太朗
エ 成果:消費者劇を通して,なぜ法律でそのように規定しているのかという根拠や,
              現在学生間で起こっている消費者問題が数年後には未成年と成人が混在する高校でも
              起こりうること等を学ぶ事ができ,大変参考になりました。
              中学校での既習事項を確認し,主体的な学びを育む消費生活の授業を実践したいと思いました。
オ 参加者数:7名

(5)尾三地区
ア 期日:令和元年8月6日(火)
イ 場所:広島県立尾道東高等学校
ウ 内容 テーマ:「安心・安全な住まいのポイント」
    講 師:県立広島大学保健福祉学部人間福祉学科 講師 吉田倫子
エ 成果:防災という視点から住生活を考えることで,福祉,住居構造,周辺環境など
              複数の要素と関連付けた授業展開や学習方法について協議することができました。
オ 参加者:13名

(6)広島東地区
ア 期日:令和元年8月8日(木)
イ 場所:広島国際大学東広島キャンパス
ウ 内容 テーマ:「避難所運営ゲーム(HUG)実施~地域住民と学生が福祉避難所の運営を考える~」
    講 師:広島国際大学医療福祉学科 講師 川崎竜太
エ 成果:実際の場面を想定したゲームを通して避難所の運営について考え,災害時の具体的な対応を
              シミュレーションすることで,災害福祉教育が今後ますます重要になると思いました。
オ 参加者:16名

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする