ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県高等学校教育研究会 家庭科部会

広島県高等学校教育研究会 家庭科部会の画像

 会長 馬屋原 幸孝(広島県立海田高等学校)

 事務担当 山本 葵(広島県立海田高等学校)

 連絡先 082-822-3030(広島県立海田高等学校)

リストマーク組織

リストマーク会則

 研究の目標等

主体的・対話的で深い学びに向かう生徒を育成する家庭科の授業づくりと評価の工夫について研究する。

達成目標 評価指標 R2
目標値
R2
実績値
(1)教員の資質向上を図る。   主体的・対話的で深い学びを育む授業づくりに関する研修会や講演会,研究授業に参加した加盟校の割合 50.0% 57.0%
(2)実践事例を基に指導方法と評価について研究する。  各地区で主体的・対話的で深い学びを育む授業づくりを意図した学習指導案や教材等を持ち寄り,指導方法と評価の工夫について検討した加盟校の割合。
(3)主体的・対話的で深い学びに向かう生徒を育成する。  各加盟校において,主体的・対話的で深い学びを育む授業の学習指導案を作成し,授業を実施した加盟校の割合。
 「課題発見・解決学習を意図した授業」
78.0% 77.9%
(4)評価の妥当性を高める。

ア:主体的・対話的で深い学びを育む授業を実施後,生徒の課題意識や行動の変容について評価をした加盟校の割合。

80.0% 64.2%
イ:アにおいて,評価をした加盟校の内,授業を実施後60%の以上の生徒が評価規準を満たした加盟校の割合。 85.0% 95.3%
ウ:アにおいて,評価結果を授業改善に生かした加盟校の割合。 87.0% 90.3%

※ (2)については,新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から,
 今年度は中止とするが,次年度以降のため,指標として残している。

 

  研究の内容及び方法

(1)主体的・対話的で深い学びを育む授業づくりに関する研修会や講演会を開催します。
(2)各地区で主体的・対話的で深い学びを育む授業づくりを意図した学習指導案や教材等を持ち寄り,指導方法と評価の工夫について検討します。
(3)各地区の公開研究授業等において,主体的・対話的で深い学びを育む授業の学習指導案を作成し,公開研究授業を実施します。
(4)加盟校において,主体的・対話的で深い学びを育む授業を実施します。
(5)(4)で実施した後,授業の目標に対する生徒の学習の到達状況から生徒の変容を評価することにより,評価の妥当性を検証します。
※ (2)及び(3)の公開研究授業については,新型コロナ感染症の感染拡大防止の観点から,
 今年度は中止とするが,次年度以降のため,指標として残しています。

 具体的な研究活動

1  研究大会

1 令和2年度家庭科部会 研究大会
(1)期日:令和2年7月28日(火)
(2)場所:安芸区民文化センター
(3)内容:家庭看護・福祉分野研修会
・講演「認知症に関わる内容 介護技術演習含む」
・講師:
(公社)広島県介護福祉士会 会長 トリニティカレッジ広島医療福祉専門学校 介護福祉学科 学科長 吉岡 俊昭 様
(4)成果:新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催を中止しましたが,講演については,内容を一部変更して高等学校長協会家庭部会並びに教育研究会家庭科部会合同研修会で実施することとしました。

2  令和2年度高等学校長協会家庭部会並びに教育研究会家庭科部会合同研修会

(1)期日:令和3年2月10日(水)
(2)実施方法:広島県立海田高等学校 大会議室よりオンラインで実施
(3)内容:高等学校学習指導要領 家庭科改訂について
・講話「高等学校学習指導要領家庭科改訂の要点」
・講師:広島県教育委員会事務局学びの変革推進部高校教育指導課 指導主事 松田 百合様
家庭看護・福祉分野研修会
・講演「絶対介護時代~これからを生きるすべての人たちへ~」
・講師:
(公社)広島県介護福祉士会 会長 トリニティカレッジ広島医療福祉専門学校 介護福祉学科 学科長 吉岡 俊昭 様
(4)成果:講話では,高等学校学習指導要領 家庭科(共通教科)の改訂ポイントの中で,主に「A 人の一生と家族・家庭及び福祉」について授業実践例が提示されました。その中で,実際に授業をされた先生のお話も聞くことができ,授業を展開するための参考になりました。また,続いての講演では,改訂のポイントに沿う内容で,講師の先生が,認知症の高齢者とかかわった実体験に基づくエピソードから生活の中で相手をよく観察することの大切さや相手により添う介護の在り方を学び,認知症についての理解が深まりました。立ち上がりや食事介助,着替えに関する簡単な介護技術の実演もあり,授業実践に繋がる興味深い内容でした。
(5)参加者数:61名

3 各地区研修会は,新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止しました。

研究成果

研究授業の実施(新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から公開せず実施した。)

・「家庭基礎」(ホームプロジェクト)広島県立広島高等学校教諭 木野村美穂 (PDFファイル)(185KB)
・「家庭基礎演習」(生活から考えるSDGs)広島市立美鈴が丘高等学校教諭 濱田浩子 (PDFファイル)(215KB)
・「家庭基礎」(ホームプロジェクトと家庭クラブ活動)広島県立広高等学校教諭 田丸貴美子 (PDFファイル)(214KB)
・「家庭基礎」(環境に配慮したよりよい衣生活)広島県立因島高等学校教諭 朝原頌子 (PDFファイル)(218KB)
・「家庭基礎」(共に生き,共に支える)広島県立福山葦陽高等学校教諭 小田明美 (PDFファイル)(430KB)
・ 「保育演習」(保育の意義と目標)広島県立日彰館高等学校教諭 藤井智春 (PDFファイル)(212KB)

  参考:前年度の研究成果

公開研究授業の実施

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする