ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島版「学びの変革」推進寄附金

 子供たちの主体的な学びを応援する寄附を募集します!
 広島県は,総務大臣から,ふるさと納税の対象となる地方団体として指定を受けています。指定対象期間は,令和3年10月1日から令和4年9月30日までです。

ふるさと納税でひろしまの子供たちの学びを応援してください!

~あなたの想いがひろしまの未来を創ります~

 広島県教育委員会は,平成26年12月に,これからの新しい教育の方向性(学びの変革)と,その施策を整理した,広島版「学びの変革」アクション・プランを策定しました。本県の特徴を最大限生かした「広島らしい」教育を,国・公・私立あるいは県立・市町立という学校の設置者の違いを越えて,本県のあらゆる力を結集し,力強く推進してまいります。そして,「広島で学んで良かったと思える日本一の教育県」の実現を目指してまいります。

 皆様のご支援,ご協力をよろしくお願いします。

申出バナー
 ※↑「寄附の手続きについて」のページへ移行します

寄附金のチラシはこちら

 寄附金のチラシは画像をクリックするか,QRコードを読み取ってご覧ください。

寄附金チラシ寄附金チラシQRコード

広島版「学びの変革」推進寄附金ちらし (PDFファイル)(2.21MB)

寄附金の使い道

 広島版「学びの変革」推進寄附金は次の2種類から選べます。

1.母校や地元の学校を応援!

 広島県内の全ての国公私立学校(※)の中から,寄附したい学校を指定することができます。

 ※小学校,中学校,高等学校,義務教育学校,中等教育学校及び特別支援学校が対象です。
  幼稚園や大学,高等専門学校は対象外ですのでご注意ください。やる気のある小学生のイラスト

 ≪活用内容(例)≫
 ○ 指定した学校の図書館リニューアル

 ○ 指定した学校の教育環境の充実
 ○ 指定した学校の異文化間協働活動の支援 など

2.広島県の取組を応援!

 県教育委員会が全国に先駆けて取り組んでいる教育改革「学びの変革」(※)を支援できます。

 ※「広島で学んで良かったと思える日本一の教育県」を目指し,子供たちの主体的な学びの実現など,様々な教育改革に取り組んでいます。

≪活用内容(例)≫
○ 学校図書館のリニューアル

 広島県教育委員会では,児童生徒の想像力や豊かな心を育む「知の拠点」である学校図書館について,
 リニューアルを進めています。
 ★図書館リニューアルの詳細はこちら★図書館で読書する生徒のイラスト
○ 教育環境の充実
○ 海外留学支援
○ 経済的に困難を抱える家庭の児童生徒に対する学習支援 など

 

 


 ・寄附額の5%を寄附金運営経費(事務費)に充てることをご了知ください。
 ・いただいた寄附金は,翌年度に予算化し,各校や県の取組に活用されます。
   手続きの関係上,寄附を実際に活用させていただくまでには,一定の期間を要することをご了承ください。

 

広島版「学びの変革」推進寄附金は,ふるさと納税の対象となります

 ふるさと納税とは,自治体に対して寄附を行った場合,寄附額のうち2,000円を越える部分について,所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限があります)。

 なお,県内在住の方でも,県外在住の方でも,同様の控除を受けることができます。

  ※寄附金控除を受けるためには,確定申告が必要です。
  ※確定申告が不要な給与所得者などの方は,前年中のふるさと納税先が5団体以内の場合に限り,「申告特例」を申請することにより,確定申告不要で控除を受けられる手続きの特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)を受けることができます。
 詳細は総務省ホームページをご覧ください。
 ふるさと納税ポータルサイト(ふるさと納税ワンストップ特例制度)

 

御寄附いただいた方々のご紹介

  御寄附いただいた方々のご紹介,これまでの寄附金総額等については,
「御寄附いただいた方々の御紹介」ページをご覧ください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする