このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

B型肝炎に関する申請方法(更新申請)

印刷用ページを表示する掲載日2020年10月15日

 広島県では,B型・C型肝炎の抗ウイルス治療(インターフェロン治療,インターフェロンフリー治療,核酸アナログ製剤治療)を受ける県民の方に対して医療費を助成しています。
 核酸アナログ製剤治療で受給者証を利用している方は,肝臓専門医が治療継続を必要と認める場合,更新申請を行うことができます。

申請方法について

 令和2年3月1日~令和3年2月28日の間に受給者証の有効期間が満了する方は,今回に限り,更新申請を行わなくても新しい受給者証を交付します
 すでに受給者証の有効期間が満了している方でも,上記の期間に当てはまる場合は新しい受給者証を交付するので,従来のように新規申請を行う必要はありません。

 新しい受給者証の交付を希望しない場合は返還届(様式第15号)を提出してください。

 新しい受給者証は,前回と同じ内容で交付します。住所,所得区分などに変更がある場合は変更届(様式第13号) を,医療機関や薬局に変更・追加がある場合は医療機関等変更・追加申請書(様式第12号)を提出してください。

書類の提出方法について

 届出の提出は郵送でできます
 提出先はこちらをご覧ください (PDFファイル)(854KB)。。

様式ダウンロード

 令和2年度に様式を改正しました。

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする