ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

広島県肝炎対策協議会について

印刷用ページを表示する掲載日2016年4月27日

広島県肝炎対策協議会について

 ウイルス性肝炎は自覚症状がないことが多く,長期間経過後に,肝硬変や肝がんに移行する進行性の疾病です。そのため,早期発見・早期治療が必要です。

 そこで,広島県では,肝炎ウイルス検診受診率の向上や検診後の保健指導,かかりつけ医と専門医療との連携体制の構築など,適切な治療を行うための各種施策について検討するため,平成23年度から広島県肝炎対策協議会を設置し,開催しています。

所掌事項

(1)肝炎対策に関すること
(2)肝炎検診に関すること
(3)診療体制に関すること
(4)人材育成に関すること
(5)そのほか広島県の肝炎対策に関すること

会議の構成

  • 委 員  15名(詳細は各協議会のページをご覧ください)
  • 事務局  広島県健康福祉局薬務課

関連情報

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする