このページの本文へ
ページの先頭です。

ひろしま肝疾患コーディネーターについて

印刷用ページを表示する掲載日2022年8月23日

 広島県では,肝疾患に関する相談を受けたり啓発活動を行ったりする「ひろしま肝疾患コーディネーター」を養成しています。

ひろしま肝疾患コーディネーターの方へ

 県では,活動をサポートするため,チラシ等の提供や,SNSを利用した情報提供などを行っています。
 「ほしいチラシがある」「活動事例を紹介してほしい」「こんな情報がほしい」など何かあれば県にご相談ください。

パッケージツール「肝炎ウイルス検査陽性者は肝臓専門医に紹介しましょう」

 令和2年8月から新しい資材を配付しています。

パッケージツール

パッケージツール2パッケージツール3

 この資材は,肝臓の非専門医の方に主に活用いただくことを想定しています。

 医療機関での肝炎ウイルス検査は,県や市町が行う検査の5倍以上の件数です。医療機関において検査結果を説明し,必要に応じて専門医に紹介することが,より多くの感染者を早期に発見し,早期治療に繋ぐために大切と考えます。
 各会報等でこの取組の周知を行いますが,肝疾患コーディネーターのみなさまにも,この取組の周知にご協力いただき,ぜひ資材をご活用ください。
この取組に関するページはこちら

 資材は主に医師の方を中心に配付していますが,取組の周知や,施設内での使用に必要等の理由であれば,肝疾患コーディネーターの方にも配付いたします。

総括,特任肝疾患コーディネーター

 県内全域のリーダーとして総括コーディネーター,2次医療圏のリーダーとして特任コーディネーターを認定しています。
 「肝疾患コーディネーターに相談したい」「特任コーディネーターに興味がある」などあれば,まずは総括コーディネーターにご連絡ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする