このページの本文へ
ページの先頭です。
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

特任・総括肝疾患コーディネーターについて

印刷用ページを表示する掲載日2020年7月8日

総括・特任肝疾患コーディネーターとは

 総括肝疾患コーディネーター及び特任肝疾患コーディネーターは,平成30年度から認定を始めた,新しいひろしま肝疾患コーディネーターの制度です。この新しい制度により,肝疾患Coの更なる活動の充実を目指しています。
 「総括Co」は全体のとりまとめ役,「特任Co」は各二次医療圏内での活動の中心となる存在として,すでに肝疾患Coとして活躍していただいている方の中から認定をしています。

 総括Coと特任Coには次のような,他の肝疾患Coとは別の認定カードを交付しています。
 総括肝疾患Coのカード特任肝疾患Coのカード

 広島大学病院がこの制度を運用し,広島県が認定します。

総括・特任Coの認定状況

総括肝疾患コーディネーターについて

 広島大学病院に1名認定しています。

特任肝疾患コーディネーターについて

 次の医療機関の方などを認定しています。

  • 医療法人あかね会 土谷総合病院
  • 国立大学法人 広島大学病院
  • 庄原赤十字病院
  • 中国電力株式会社 中電病院
  • 独立行政法人国立病院機構 呉医療センター
  • 独立行政法人国立病院機構 東広島医療センター
  • 独立行政法人国立病院機構 広島西医療センター
  • 広島市立安佐市民病院
  • 広島市立広島市民病院
  • 広島赤十字・原爆病院
  • 福山市民病院
  • マツダ株式会社 マツダ病院

今までの活動内容

 所属の枠を超えた取組について,主な活動内容をご紹介します。

特任Co制度説明会及び交流会

 特任Coの候補者を対象に説明会及び交流会を広島会場・福山会場で1回ずつ行いました。
 合計40名程度の方にご参加いただき,活動状況を報告し合いました。

特任Co連絡協議会

 総括Coと特任Coが年に数回集まり,活動事例の報告や課題解決に向けた協議,意見交換などを行っています。
 平成31年度(令和元年度)は6月22日,10月26日の2回行いました。
 ※予定していた3月の連絡協議会は新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

日本肝炎デー啓発活動

 平成31年度(令和元年度)は,7月28日の日本肝炎デーに併せて広島駅前広場とマツダスタジアムで啓発活動を行い,特任Coを含む総勢約30名で肝炎ウイルス検査の受検勧奨を呼びかけました。

 また,特任Coの所属する医療機関内で啓発活動や,肝炎ウイルス検査を実施しました。

お問い合わせについて

 総括Coや特任Coについてお聞きしたいことがあれば,肝炎対策グループか,広島大学病院肝疾患相談室までお電話ください。

 広島大学病院肝疾患相談室
 Tel : 082-257-1541

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする