このページの本文へ
ページの先頭です。

C型肝炎訴訟について

印刷用ページを表示する掲載日2020年4月1日

C型肝炎訴訟とは

 C型肝炎訴訟について,被害者の方々の早期・一律救済の要請にこたえるべく,平成20年1月16日に「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX製剤による C型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」が制定,施行されました。
 厚生労働省は,出産や手術での大量出血などの際に特定のフィブリノゲン製剤や血液凝固第IX製剤を投与されたことでC型肝炎ウイルスに感染された方々との間で和解を進めています。

 対象となる方や給付金の支給の流れなどについては,下記のページを参考にしてください。
 また, 肝炎ウイルスの感染についてご心配な方は肝炎ウイルス検査を受検してください。

給付金の請求期限について

 給付金の請求手続きの期限が,令和5年1月16日までに延長されました。
 令和5年1月16日までに訴訟の提起等をしていた場合には,令和5年1月17日以降であっても,請求期限は和解等が成立した日から1月以内となっています。

令和2年4月1日からの改正内容

 症状が進行した場合の追加給付金の請求期限が,「請求する方が症状が進行したことを知った日から5年以内」になりました(改正前は3年以内)。
 これに合わせてリーフレット等が新しくなっているので,最新のリーフレットやQ&Aは厚生労働省ホームページでご確認ください。

各製剤について

フィブリノゲン製剤について

 フィブリノゲン製剤が納入された医療機関などについて,厚生労働省のホームページに掲載されています。
 ⇒C型肝炎ウイルス検査受診の呼びかけ(厚生労働省ホームページ)
 広島県内の医療機関についてはこちら(厚生労働省ホームページ)からも確認できます。

血液凝固因子製剤について

 対象となる製剤について,厚生労働省のホームページに掲載されています。
 ⇒対象製剤一覧(厚生労働省ホームページ)

 血液凝固因子製剤が納入された医療機関などについてはこちら(厚生労働省ホームページ)をご参照ください。
 広島県内の医療機関についてはこちら(厚生労働省ホームページ)からも確認できます。

問合せ先

フィブリノゲン製剤などについて

厚生労働省

  • 電話番号 0120-509-002(フリーダイヤル)
  • 受付時間 9:30~18:00
    (土・日・祝日・年末年始を除く)

給付金の請求手続きについて

 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)

  • 電話番号 0120-780-400(フリーダイヤル)
  • 受付時間 9:00~17:00
    (土・日・祝日・年末年始を除く)
  • 携帯電話や公衆電話からもフリーダイヤルをご利用いただけます。

広島県内の相談窓口

 肝炎ウイルス検査の相談や,診療が必要とされた方の相談などについて,県庁薬務課・県保健所(支所)保健課(厚生保健課)で相談を受け付けています。受付時間は8:30~17:15で,土・日・祝日は除きます。
 ⇒県庁・県保健所(支所)の一覧はこちら

 製剤に関する相談は県庁薬務課・県保健所(支所)生活衛生課(衛生環境課)で受け付けています。
 広島市,呉市,福山市の保健所でも相談窓口があります。

このページに関連する情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする