ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

全ての子供たちの「主体的な学び」の実現に向けて

個別の状況に応じたカリキュラムの編成・実践に関する提案
~Society5.0を見据えた「学びの変革」のアップデート~

本県では,全ての子供たちの「主体的な学び」の実現に向けて,個別最適な学びに関する調査研究を進め,令和2年3月に「個別の状況に応じたカリキュラムの編成・実践に係る提案」として整理するとともに,同年4月から,県内4地域において「個別最適な学びに関する実証研究」に取り組んでいます。(2か年事業)


個別の状況に応じたカリキュラムの編成・実践に関する提案


実証研究及び教育効果の検証結果の概要(R3年3月)  <新着!>

【具体的な実践事例】
学校名 取組概要 実践事例
廿日市市立宮園小学校 単元内自由進度学習 実践事例報告(1)
江田島市立三高小学校 イエナプランを参考にした自立・協働学習 実践事例報告(2)
三次市立みらさか学園 単元別プロジェクト学習 実践事例報告(3)
福山市立福山中学校 興味・関心に応じたMY探究 実践事例報告(4)

教職員の皆さんは,各学校が掲げる教育目標の実現に向けて,本提案や実践事例の中から,「効果がありそう!」「取り入れてみたい!」と思う事例があれば選択し,まずは実践してみてください。
きっと,子供たちは,これまで以上に,主体的に学ぶ姿を見せてくれると思います!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする