ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

あそびのひろばinなかよしおはなし会

ろごinなかよしおはなし会を開催しました!

日時

 平成30年12月22日(土)10:30~12:00

会場

 川・森・文化・交流センター (山県郡安芸太田町大字加計5908-2)

対象者

 乳幼児,小学生とその保護者 

会場の様子

和室の会場には,読み聞かせやふれあい体操のコーナーを設け,和やかな雰囲気の中で実施しました。また,会場外のエントランスにおもしろミニ工作コーナーを設け,なかよしおはなし会開始前と終了後に実施しました。スタッフとのやり取りや親子での会話,親子で一緒に体を動かすことを通して,子供たちは多くのことを学んでいました。保護者の方も親子で楽しく遊ぶだけでなく,子供が夢中になって遊んでいる様子から「遊びの中に学びがある」ことを感じておられるようでした。当日は,7組22名の親子の参加があり,親子で一緒に楽しく過ごしました。

 各ブースの様子
工作前

【なかよしおはなし会開始前の工作コーナー】

なかよしおはなし会が始まる前に来場した子供たちに遊び方のデモンストレーションをすると,「えっ,すごい」「自分も作りたい」と言って夢中で製作しました。どの工作でも好きな色を塗ったり,好きな模様をつけたりしてオリジナルの作品に仕上げました。どこにでも止まる不思議な「バランストンボ」に見入っていました。

読み聞かせ

【読み聞かせ】

野うさぎ文庫(読書ボランティア)による読み聞かせは,パネルシアターや大型絵本で実施しました。語り手からの問いかけに,子供たちは手を挙げたり,声を出したりしてお話の世界に入り込んでいました。保護者も臨場感ある語りに引き込まれ,親子で楽しくお話を聞きました。

ふれあい体操

【ふれあい体操】

NPO法人いきいきアクティビティサービスによるふれあい体操は,クイズもまじえて楽しく実施しました。クイズでは,音楽に合わせた出題に,子供たちは積極的に答えを発表しました。また,「親子でふれあい体操」では,スタッフや周りの大人とふれ合いながらしっかりと体を動かしました。

工作後

【なかよしおはなし会終了後の工作コーナー】

おはなし会終了後,再び工作コーナーを開催。参加した子供たちは夢中で製作していました。「ふしぎなたまご」の面白い動きやどこにでも止まる「バランストンボ」の不思議さに探究心をくすぐられ,何度も試して製作していました。

あそびをもっとひろげよう!

今回の遊びをもっと色々親子で試してみたい人は・・・

「ふしぎなたまご」についてはこちら
「バランスとんぼ」についてはこちら
「ブンブンごま」についてはこちら

 

トップページへ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする