このページの本文へ
ページの先頭です。

支援事例

印刷用ページを表示する掲載日2021年1月26日

活用事例集商品化につながった支援事例その他の技術移転事例食品関連業界との連携

食品工業技術センターでは,技術指導,受託研究,共同研究などにより,県内企業や食品関連業界を積極的に支援しています。
これまでの支援事例を紹介します。

※ 商品によっては販売が終了したものもあります。

広島県立総合技術研究所 活用事例集(平成30(2018)年発行)

広島県立総合技術研究所を利活用して,製品化,既存製品の改善・課題解決した事例をまとめました。

「活用事例集」は,こちらをご覧ください。

掲載されている事例

食品工業技術センターを活用した事例として,次の11件を掲載しています。
タイトルにリンクを設定した事例の関連技術は,ホームページ内で紹介しています。

詳細な内容は,以下のPDFファイルをご覧ください。
3~13が食品工業技術センター関連事例です。

活用事例集 製品・技術の開発・改良 (PDFファイル)(3.06MB)

商品化につながった支援事例

柑橘(かんきつ)果皮酢製造技術を活用し,新商品が誕生!

総合技術研究所食品工業技術センターでは,柑橘の加工食品製造過程で出る副産物の有効利用によるコストカット等を目的に,柑橘果皮酢製造技術を開発しました。

県内食酢(しょくす)製造企業に対して,この技術の導入を提案したところ,尾道造(ぞう)酢(す)株式会社のニーズと合致し,同社に技術移転を行いました。

 同社は,この技術により,地元尾道産の橙を原料にした「橙果皮酢」を開発しました。同製品には,通常酢に含まれる酢酸に加え,橙由来の爽快な酸であるクエン酸が含まれています。

この度,この橙果皮酢が,尾道市内の飲食店において,「サワーに使用するとビター感がよい」,「副産物利用で環境によい」などと評価され,新商品の材料として使用されることとなりました。

柑橘果皮酢画像

(尾道造酢製橙果皮酢)

詳細はプレスリリースをご覧ください。

プレスリリース (PDFファイル)(314KB)

微生物利用技術の実用化例

海軍さんの麦酒 呉吟醸ビール(呉ビール株式会社)

高級清酒製造用の酵母(広島吟醸酵母)を使用した地ビールです。

清酒(吟醸酒)用酵母である「広島吟醸酵母」とビール酵母の両方を用いることで,リンゴ様の香り(カプロン酸エチル)を有するビールの開発に成功しました。
呉ビール株式会社において,平成22(2010)年2月1日から『呉吟醸ビール』として発売されています。

『呉吟醸ビール』は,日本地ビール協会が主催する審査会「インターナショナル・ビアコンペティション(現:インターナショナル・ビアカップ)」のケグ/ドラフトビール部門で,2年連続で金賞に輝きました。

呉吟醸ビール画像

呉ビール株式会社ホームページ(外部リンク)

広島産 柚子ヨーグルト(高原安瀬平乳業有限会社)

柚子果汁や生乳など広島県産の原料にこだわった柚子ヨーグルトが,平成25(2013)年2月に高原安瀬平乳業有限会社から発売されました。
当センターが保有する乳酸菌ラクトバチルス パラカゼイNB2(NB2株)を使用し,柚子の香りを損なわないヨーグルトとなっています。
現在はのむヨーグルトタイプとして販売されています。

開発支援の詳細な内容は,こちらをご覧ください。

高原安瀬平乳業有限会社ホームページ(外部リンク)

圧力利用技術の実用化例

圧力下(600気圧)で魚介類を酵素分解(自己消化,麹の利用など)することにより,食塩を添加することなく24時間でエキス化することができます。主に牡蠣の分解エキスの製造に利用されています。

カキの殻を,圧力処理(800気圧,40℃,5分間)により開けることができます。
カキ殻の破片が混入する恐れがなく,カキフライ用の原料などに利用されています。

オイスターパウダー(株式会社広島ヤンマー商事)

圧力下で分解した無塩カキエキスから製造されたサプリメントです。
広島県産のカキを100%使用しています。

オイスターパウダー画像

株式会社広島ヤンマー商事ホームページ(外部リンク)

プレミアムスモークオイスター(倉橋島海産株式会社)

圧力で開殻してスチームしたカキを原料に使用することで,旨味が凝縮した仕上がりを実現しました。
既存品よりも食感のある柔らかい燻製に仕上がっています。

スモークオイスター画像

倉橋島海産株式会社ホームページ(外部リンク)

凍結含浸技術の実用化例

凍結含浸関連商品の製造・販売メーカー及び調理提供している施設は,こちらで紹介しています。

その他の技術移転事例

前記の製品化につながった事例の他,当センターで開発した技術を移転した事例を紹介します。

食品関連業界との連携

当センターと連携して活動している食品関連業界(業界団体)の動向を紹介します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする