このページの本文へ
ページの先頭です。

人事委員会ブログ(令和元年9月分)

印刷用ページを表示する掲載日2019年9月13日

人事委員会ではブログを開設しました!
採用試験情報はもちろん,広島県庁のことや採用試験担当職員の日常などをゆる~~く発信していきます♪
毎週更新していきますので,試験勉強の息抜きに,ぜひご覧ください!

令和元年9月

9月13日(金) 県庁職員になると・・・new

こんにちは!人事委員会ブログ担当者です。

8月末から,入庁当時を振り返るシリーズ(今名づけました)として,いろいろな経歴の職員がブログに登場しましたが,
最後は公務員課参事(実はこのブログを始めた張本人)が担当します!→前回登場(令和元年8月2日)
ちなみに,参事はバブルが終わる頃,大学卒業程度試験を経て入庁したそうです。

***

似顔絵

県庁の職員になると,たとえば民間企業に就職するよりも
経験する可能性が高くなることが2つあると,個人的に思っています。

ひとつめは,テレビやラジオで話す機会です。

テレビの情報番組やラジオで,「県庁○○課の○○さんにお話を伺ってきました」
という場面を見聞きしたことのある方もいらっしゃると思います。
施策やイベントの担当者として,マスメディアを通じて県民の皆様に説明する機会というのは,
県の職員であれば割と訪れるものです。

若いうちに経験するとすれば,あらかじめ質問内容が分かっている場合だろうと思います。
この場合は,しっかりとした原稿を作り,課内でチェックを受けてから望むことができるので,
あとは棒読みになり過ぎないよう気をつけることが重要になります。

職位が上がって,グループリーダーくらいになると,イベントの会場などで突然インタビューを依頼されることがあります。
この時は,足はガクガク,でも顔は平然と,度胸が試されます。
こういう時のために,イベントの目的や狙いは,すらすら言えるように頭に叩き込んでおく必要があります。

僕の場合,採用されて最初の配属が,今でいう広報課(当時は広報広聴課)でした。
4月1日に辞令交付を受けた後,広報広聴課に行き,
先輩職員からラジオの広報番組(日曜朝の30分番組)を担当してもらうなどの仕事の内容の説明を受けた際,
「月に1回,その中でしゃべってもらうからね」と言われた時の驚き,25年経った今でも覚えています。
まさかそんな仕事になるとは思っていませんでした。

ラジオから流れてくる自分の声もしゃべり方も,とても変に思えて,
1回くらいしか自分が話している回を聞かなかったように思います。
(残念ながらこの番組はもうありません。)

県職員になって経験する可能性のあることのふたつめは,着ぐるみの中に入ることです。
ひとつめに比べると可能性は低いかもしれませんが,
着ぐるみを所管している課の配属になると,かなりの確率で入ることになるのではないでしょうか。

僕の場合,着ぐるみを所管している課に配属となったことがないのですが,
1回だけ,青少年健全育成のマスコット,「ゆっぴー」の中に入って,
高校生の国際交流のイベントに参加したことがありました。
登場した途端,「かわいいーーー」と女子高校生に取り囲まれて,ボコボコにたたかれました。
それで怒ったポーズをすると「ぎゃはは,怒ったーーー」とまた大うけ。
それが気持ちよく,1回経験すると病みつきになります。

ゆっぴー

その後も,着ぐるみの御用命はいつでもお受けします,という態度で待っているのですが,体格が縦も横も大きめなので,
なかなかオファーがありません(背が高いと,着ぐるみの胴体の部分と頭の部分の境目が開き,
中の人が見えそうになるのです)。残念です。

皆さんも,県職員となったアカツキには,着ぐるみのオファーがあれば,ぜひ受けてみてください。


9月6日(金) 初めての仕事

似顔絵こんにちは!
今回は,平成30年6月18日平成31年1月18日のブログを担当した,
見た目と実年齢が少し離れている(今は,髪を切って若干若く見えているはず・・)
入庁5年目の主事(女性)が担当します!

私は,5年前の高校卒業程度の試験を受け広島県庁へ入庁しました。
高校を卒業してすぐ働くということで,社会経験がない状態から仕事をしていくことができるのか不安でした。

私の初めての職場は,「県税事務所」でした。
県税?!税金?!税金といえば,消費税しか思い浮かばない…。
自動車税?不動産取得税?法人税?聞いた事はあるけど,詳しい事は分からない…。
というのが,第一印象でした(笑)

県税パンフレット

県民の方へ税金について窓口や電話で説明すること,wordで文書を作成すること,
電卓を使って金額を確認すること等々,全ての業務が学生時代に経験したことがなかったため日々奮闘していました。

働き始めて私が取り組んだことは,上司に業務の内容を教えてもらい,私自身も,まわりの先輩方の仕事をしっかり見て,
どういったことをしているのか,気をつけていることは何か,メモをたくさんとりました。
今度は,そのメモを基に仕事を進めていきました。
最初は何も分からなかった私も,入庁から異動までの3年間で県税の様々な業務に携わる事ができました。
業務の内容については,沢山あるので,またブログを書く機会があればその時にお話しさせていただきます。

先輩方の仕事をしっかり見て,自分の業務の進め方の参考にすること,
教えてもらったことはメモをとり,それを基に仕事を進めていくこと,
これらのことは,今の職場でも続けており,仕事の内容はまったく違いますが,
仕事を進めていくうえではとても役に立っています。

高校を卒業してすぐ仕事をすることができるか,
社会経験がない状態でも仕事をすることができるのか,不安な方もいらっしゃると思います。
しかし,職場の上司や先輩,県民の方と接していくうちに,不安はどんどんなくなっていき,
自分自身が成長しているなと実感できます。
広島に生まれ,育ち,住み,働いてよかったと心から思える広島県を実現したい!という気持ちをお持ちの方は,
是非私たちと一緒に働きましょう!!


おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする